教室の特徴

ピアノレッスン

lesson01
ピアノを学ぶ事は、集中力、感性を豊かにするなど情操教育としてもとても大切です。そして、特にピアノを習い初めの導入期や初級の頃の基礎固めは、ピアノを長く続けていくのに大切な時期です。指の形、無理のない姿勢、肩に力が入らないようにする弾き方、手首の動かし方を学びます。また、耳をすませて自分の弾いた音をよく聴きながら良い音色で弾くことを意識させていきます。レッスンは、ヤマハのグランドピアノを使用しています。表情豊かな音楽をぜひ体感してください。

ソルフェージュレッスン

ソルフェージュとは…ピアノを演奏するにあたってとても重要な基礎にあたります。視唱、聴音、リズム、楽典(音楽の楽譜に書いてある樂語や決まり事)

image_onpu好奇心が旺盛で様々なことが吸収できる子供のうちからソルフェージュを学ぶことによって音感を育てることができます。当教室は、初めてピアノを習うお子様に楽譜に入る導入レッスンとして、音符カード、リズムカードを使いゲームのように楽しく読譜をレッスンしますのでスムーズに楽譜が読めるようになります。自分で楽譜がスラスラ読めてどんどん弾けると確実に上達していきます。
またソルフェージュを学習すると曲の構成を早く理解し楽譜を正確に読むことができるようになります。表現豊かな演奏、曲を短期間で仕上げていくことができます。
当教室では、ピアノレッスン時間内で毎週少しずつ繰り返し盛り込んで取り入れています。

その他に学校の音楽の授業が苦手な方向けのソルフェージュだけのレッスンも行っております。詳しいことは、レッスンコースの中のソルフェージュの欄をご覧ください。

イベント

発表会

1年〜1年半ごとに、他教室と合同ピアノ発表会を行っています。場所はさいたま芸術劇場小ホールです。
参加は自由ですが、レッスンの一貫としてなるべく参加していただくことを希望しております。目的に向かって曲を仕上げ、舞台で演奏することによって集中力、達成感、自信がつき皆さん大きく成長することができます。

ピティナ・ピアノステップ

image_kenbanステップは文部科学省が後援になっていて、23ステップとフリーステップに分かれています。23ステップでは、1曲ごとに5つの段階評価がもらえ合否の判定があります。経験豊富なプロのピアニスト・ピアノ指導者である3名のステップアドバイザーが、演奏を聴いて直筆メッセージでアドバイスを贈ってくださります。フリーステップでは、合否の判定はありません。

また、5回、10回、15回と回を重ねるごとにステージで継続表彰されます。学校長あての継続表彰報告書もいただけ学校で表彰もされます。普段の練習の目標や発表会などの本番前のリハーサルにと様々な活用の仕方があります。

現在開催は、年間500地区。どこでも参加が可能です。自分の予定に合わせ自分のスタイルに合わせたステージを選ぶことが可能です。そのため、このようなイベントの参加を勧めております。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn