リハーサルに思うこと

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

今日は3連休の2日目ですが、あいにく朝から雨が降っています。昨日も雨で運動会を明日に延期しているところが多いようです。予報では明日は晴れのようなので、なんとか運動会が開催されるといいですね。

明日は2回目のお教室でのリハーサルです
前回は、な~~んだか皆さんとっても緊張していましたが、明日は前回よりも緊張がほぐれていると良いです。
だれでも人前で何かをするということは、多少人の目を気にします。そして、
『いつものように出来るかなぁ~』
『上手に弾きたいなぁ~』
・・・・・・・・と色々なことを考えます。不安にもなったりします。
み~んな同じ気持ちです。

だから、お教室の生徒さんたちは同じ仲間として、お友達の演奏を温かい目で見てもらいたい、聴いてもらいたいと思います。
ピアノを習いに来ているお友達はみんなピアノが大好きなのですから、それぞれ応援する気持ちを持って聴いてもらいたいです。そして、良いところを見つけて真似できるようになってもらいたいと思います。

人の失敗や荒を探すことばかりではなく、良いところを見つける見つけてあげることが大切です。人の良いところを見つけられる人は自分の演奏にも謙虚になれます。失敗はだれにでもあります。失敗したら、次頑張れば良いのです。
そして、間違っても人とは比べないことです。音楽は人との競争ではありません。音を楽しむものです。

ピアノは、始める時期や年齢、みなさん様々です。早くに始めた人の方が遅くに始めた人よりは教本など進んでいるかもしれません。でも、ピアノは長く続けてこそものになります。途中で止めてしまっては、おしまいです。再度、始めようとしても今のようには弾けません。

なので、長く続けられるように心の豊かさにつながるように、そして聴いている人を感動させられるような演奏ができるようになることがピアノを習う人にとっては幸せなのではないかと私は思います。

偉そうな事ばかり書いてしまいましたが、私は子供たちに音楽を楽しんでもらえるようになるよう上手に導いてあげることが指導だと考えています。
そして、安心して弾ける空間作りです。小さい子供たちにとって、不安が大きいといつもの演奏がなかなかできません(発表会のこと)
知らない人の中で、弾くよりは、知っているお友達の中で弾いた方が楽しいです。
だれでも、初めての場所はどんな所なんだろう??という気持ちがありますよね。
そして、知らないしゃべったこと、見たこともないお友達に会ったら??この子、何年生なんだろう??とか・・・・いろんな事を考えて、それだけでも不安です
大人もそうだから

だから、今回の発表会は楽しい!と思えるよう生徒さんのために、毎日準備を進めています。当日にニコニコで会場に来れるように、みなさんも練習して、リハーサルも楽しめたら良いです

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn