レッスンノートに書くこと

星野ピアノ教室講師 星野真由美

お教室で使っている生徒さんたちのレッスンノートは、大切な役割をしています。

お教室に来た時に、出席シールを貼ることから、はじまり、今日のソルフェージュはどこかな?と番号を確認して各自スムーズに自分のやることに取り掛かってくれています。でも、中にはさっと終わらせてドリルやプリント、今日弾くピアノの譜面を見て指を動かしている生徒さんもいます。

そして、いざレッスンの時に自分のコメント欄に一言書いてある生徒さんのピアノへの意気込み、弾き方は、目を見張るものがあります。
以前は、私もあまり気にしていなかったのですが、最近それがとっても顕著に表れています。

自分が ”こうなりたい!”  ”こうしたい”  と強く思い実際に書くことで、それに対して努力をするので、願いが叶うのですね。
たとえば、”手首を下がらないように気をつける” ”苦手な部分のリズムに気を付ける” ”最後まで止まらないように弾く” などなど色々です。
また、達成できた時のレッスンの終わった後のお顔は、どことなくすっきりと爽やかに見えます。

今日は練習できなかったという日にも、コメント欄に「  気持ちを込めて弾く」「丁寧に弾く」「自分の音を良く聴く」など一言書いて、レッスンに臨む心構えを継続していくのもすばらしいことです。こうした日々の積み重ねを通じて、自分なりの目標を自分で考える力を育てていきたいですね。

 

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn