三者面談を終えて

星野ピアノ教室講師 星野真由美

三者面談期間が終わりました。

保護者様との普段の関りは、発表会、保護者会や送迎でいらっしゃる時のレッスンの合間にちょこっとご挨拶を交わす程度です。(園児さんの保護者様は別として)そして、主な連絡事項は、月々発行している『ぴあのつうしん』とSNSのラインやメールになります。

子供の成長はあっという間で、世の中も急速に変化しています。
人の気持ちも入会したての時とは、教室への希望も微妙に変わってくるのではないかと思います。
保護者さまとピアノ講師とのコミュニケ-ションをスムーズにすることによって、お互いの不安を取り除き更に、お子様の今の現状を良く知ったうえでの指導…は、ピアノ上達に効果があります。

面談での主な内容は、生徒さんがこの1年間でピアノのレッスンを通してできるようになったこと。
家での効果のある練習の仕方。
今現在使っている教本の見直し。
などをそれぞれの生徒さんの保護者様と面と向かって、お話ししてお互いに確認し合いました

生徒さんの保護者様とのお話がスムーズにいっているご家庭では、毎週のレッスンの内容も充実してきます。そして、進度も速いです。
そして話の行き違い、思い違いもなくなり、お互いに気持ちよくレッスンが運びます。

面談では、お子様のピアノに真剣に関わってくださっていることがひしひしと伝わってきます。
そして、応援してくださっている熱い思いも感じることができました。
お話を伺っていると何よりも、この生徒さんには、このやり方がよいのかな?など不思議とアイデアも沢山沸いてきます。私にとってもレッスンがしやすくなります。

1年に1度の三者面談ですが、とても大きな意味があるものだと感じています。 今回も保護者様のご協力を得られて本当に感謝です。これからもご家庭の目標に近づく指導を目指していきます。お忙しい中、ありがとうございました。

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn