入会した生徒さんも教室に慣れてきた様子

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

久しぶりの更新になってしまいました。ブログを書いているパソコンが突然インターネットとつながらなくなってしまい、今日やっとサポートセンターに連絡して直りました。良かった~直って

さて、今日からまた1週間のレッスンが始まりますが、新しく入会された生徒さんたちもちょうど1か月がたった頃です。だんだんお教室に慣れてきてくれた様子で良かったです。みんな元気に来てくれます

最初の頃は、不安そうに『どんなお教室なんだろう??』『先生はこわくないのかなぁ?』とか『今日はどんなことやるのかなぁ?』とかいう思いで通ってきていたのではないかと思います。なかなか、お話をしてくれなかったりでした。毎回渡す練習日記も毎日しっかり練習してきてくれる生徒さんが多くてとても嬉しいです。
お教室に来て自分から楽譜をさっと譜面台に置く生徒さんは小学生以上ですが、最近は幼稚園生さんも時間はかかるけれど自分で置いています。
レッスンの流れがだいたい掴めてきて良かったです
まったく話さなかった生徒さんが「今日は学校でこんなことがあったんだよ」と話してくれるようになった時はやはり嬉しいです。

一昔前のレッスンでは、先生に怒られないようしようとか何か教わりに来てるだけの受け身のレッスンでしたが、今は自分から自主的、積極的に学ぶ姿勢に変わってきています。
なので、わからないことがあったり忘れてしまったりした事があったら何でも聞いてもらいたいです。小さいうちは覚えることも早いですが、忘れることも早いので何回も繰り返して定着すれば良いのです。また、上手に弾くことができなかったところも練習の仕方をちょっと変えれば、すぐに弾けるようになることがあります。だから1週間練習して自分で疑問に思ったことなどはどんどん先生に聞けるようになるといいですね。

そして、曲にはだいたい題名がついています。なので、どんなふうに弾いたらいいのか?と考えて自分の音楽を作っていってもらいたいです。ただ音符を弾くのではなく、気持ちを込めて演奏して聴いている人に自分の思いを伝えられるような演奏ができたら素晴らしいですね。

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn