子供たちへの応援

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

正しい姿勢でピアノを弾くということ…とても大切なことです。
手の形の指導もしますが、体の軸となる姿勢が良いことから、手の形を整えていきます。でも、残念ながら姿勢を見過ごされてしまうことがよくあります。

特に小さい園児さんたちは、高いイスに座ると足がぶらぶらしてしまいます。まだ背骨がしっかりしていないので、腰だけでは体全体を支えにくいのか背筋を伸ばすことが難しくて、背中がまんまるくなってしまう・・・・

足台があれば足で支えて腰への負担も少なくなるので、背中を伸ばすには楽です。足台を購入しなくても、段ボール箱や木箱、本を積み上げてガムテープで崩れないようにしたりして、可愛くデコって作って上げるのもお子様のモチベーションを上げて、楽しくピアノに向かえます。

お子様もお家の人に作ってもらったものは、とっても嬉しいものです。

だれでも、自分のためにしてくれた事、自分のことを思ってくれたことはずっと覚えています。それが、家族だったら、よし!がんばろう!という強い気持ちにもなれますね。

「練習しなさ~い」
「ピアノをならっているのだから、弾きなさ~い」
という言葉よりもそういった応援もまた良いものです。
色々な応援の仕方がありますね。

 

今日は朝から雨ですが、予報では週末は天気が良いようです。今日も一日、笑顔で元気に頑張りましょう!

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn