導入時期の教材

星野ピアノ教室講師 星野真由美

4月に入り新しく進級した生徒さんたちは、それぞれが少し身長も伸びてひとまわり大きくなっています。子供の成長は早いと感じます。

お教室も新しい生徒さんたちが、増えて賑やかです。
他教室から移ってきた生徒さんもいます。でも、学年は様々ですが、導入の生徒さんが一番多いです。

導入の生徒さんにお勧めしているのが、『バスティンパーティーシリーズ』です。黒鍵を弾くことから始めます。そして、5線のない音符を読み音の高低を含め、隣あった音符、一つとびの音符を目で追いながら弾いていきます。
そして、良く動く指を目標にしていきます。
プレリーディングでは、移調の練習でほとんどの生徒さんが12調に移調して弾けるようになります。

ピアノを習ったからと言ってすぐに弾けるようになるとは限りません。
毎日の家での継続的な練習が大切です。それも長い期間続けていかないと思うように弾けるようにはなりません。

こんな風に書いてしまうとピアノって大変だなぁ~と思うかもしれません。でも、自分で苦労して努力してできるようになると嬉しいものです。1曲を丹念にこつこつと練習をして合格のハナマルをもらったときですね。また、褒められた時。

お教室の保護者さまは、お子様をいつもご家庭で応援してくれて温かく見守ってくれています。お子様には、色々な時期があります。結果がすぐに出なくても諦めずにまずは、続けてみてください。

1年2年はもちろん、10年続けていってピアノを楽しめる人生になることを信じて習ってもらいたいです。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn