改めて取り組まなければいけない課題

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

今年も残すこと後わずかになりました。この間中学生の生徒さんが音楽のテストでわからない所があるということで、音楽の教科書を一緒に見てみました。するとコードがずらっーと書かれているページを見て私はびっくりピアノではコードのお勉強はしていないし学生時代に授業で勉強していましたが、レッスンでは取り扱っていませんでした。・・・・・・・私の小中学校時代の音楽の教科書とは明らかに違っているコードは譜読みが出来てピアノを弾ければできるという問題ではないのです。

「このコードを書きなさい!」   という問題が出てわからなかった、ということでした。んんんん?ただ、暗記するのでは忘れてしまう。と思った私は和音のしくみから話してみました。まずは、理解してから覚えるということ。。

「~なるほど」    とちょっと頷いてくれました。少しでも理解できるようにわかりやすく教えるのも大切。まして、音楽で解らない所があると言われると責任を感じてしまうその場ですぐ解決という訳にはいかないので、次回までに私の方で用意することにしました。すっきりとして次回学校のテストにのぞめるようにしてあげたいです

せっかくお家の人にピアノを習わせてもらっているのだから、音楽の授業で解らない所がないようにしてあげたいし、得意な科目になってもらいたいし、何よりも楽しく授業を受けれるようにしてあげたいと思うのです。

だから、今後ピアノのレッスン時間でもコードを勉強していくことの必要性を感じました。学校の音楽の授業を楽しく受けられるためにも、どのように取り入れていくか楽しく無理なくあまり時間をかけずに・・・私が考えて・・どうするか・・・また新たな私の課題になりました

 

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn