教本を作られた先生の講座へ

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

3連休も終わりました。皆さんお休みを楽しく過ごせたかと思います。
でも台風が、夜中に物凄い勢いで通り過ぎていったのには、驚きましたね。翌朝に、庭に大きな木の枝が落ちていて凄まじさを物語っていたようでした。

そんな連休中、大阪からいらっしゃった釘田先生のセミナーに行ってきました。昨年、東京で釘田先生のセミナーを受けてから先生の作られた教本を使わせてもらっていました。今世の中では、初めて習う導入の本は、様々なものがあります。ひと昔前は、バイエルやメトードローズが主流だったのですが…。

世の中に物があふれているのと同じで、教本もいろいろな種類があります。
指導する人が選び生徒に与えてレッスンの中で使っていくのですが~
指導する側の使い方によって、生徒さんたちにうまく伝わり、身についてさらに生徒さんたちがピアノを好きになり上達していくのだと思います。

釘田先生がどのような思いで教本を作られたか、どんなふうに進めていったら良いのか?いろいろなお話が聞けました。
そして、疑問だったこともちょうど質問してくださったピアノの先生がいらっしゃたので、解決しました。

また、小さい3歳児さんの体験レッスンなども先生の実演を交えてお話してくださり早速来週の体験レッスンで取り入れてみよう!と思いました。
もちろん、お友達先生からの貴重なアドバイスも頂くことができ、私の知らなかったことでしたので、釘田先生、T先生に感謝でした。

導入期のピアノの教材によっては、ピアノを好きで習いにピアノ教室にきたのに嫌いになってしまうこともあります。

でも、釘田先生の教材を使っている生徒さんは、本当によくピアノを弾くようになりました。(以前は違う教材だったので、お教室でちょっとためらいがちに弾いていました)お母さまも『先生!この本に変わってから、家でよくピアノを弾くようになりました‼』とおっしゃってくださいます。
私は、涙がこぼれるくらい嬉しかったです。
音符もよく読んでくれて、リズムもよくたたいてくれて・・・・
何よりも自分から楽しんで歌ったり、弾いたりしてくれるのが一番うれしいです。そして、音符を読んで弾いてくれることも!

釘田先生の教材に出会えて、良かったです。お人柄も素晴らしく、生徒さん思いで優しく謙虚でいらっしゃる素晴らしい先生でした。
学んだことをしっかりと復習をして、また、指導の引き出しを増やしていきます。

ご一緒してくださった先生方ありがとうございました。そして、ジャズピアニストの先生の素敵な演奏も温かい気持ちになりました。ありがとうございました。

 

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn