時間を上手に使っていくことを学ぶ

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

最近私が考えることの中で、時間の使い方があります。ピアノ講師をしながら家庭のことをして家族との関わる時間、そして生徒さんをよりよく上達に導いていくための勉強、レッスン、また生徒さんの保護者との関わりなどなど。考えると沢山のことが頭をめぐります。もっともっと時間があったらいいのに!と思うこともしばしばです。

世の中の女性も家庭を持ちお子さんを育てながら働いている人も多いと思います。また働きに出てなくても小さいお子さんを育てている人は大変だと思います。私も経験してきたのでわかります。そして主婦として母として妻として嫁として・・といつまでも続く女性特有の縛りとの付き合いをしていかなくてはいけないです。

時間をうまく使うためには・・・・
①逆算方式で考える(10年さき、20年さきから今を見る)
②『同時進行』の技を使おう(子供をおんぶしながら隙間家事をしてしまう)
③やることをメモしてやったものから順に鉛筆で消していく。(消した時気持ちがいい!
④『今』やる
⑤隙間を利用する(3分5分10分で できることって意外とある)
⑥焦りは集中力のスイッチ(できる!と思うことは必ずできる)
⑦SNSをやめる(ネットサーフィンなどをしてあっという間に時間がたってしまう)
⑧合理化という手抜き術をマスターする

精神面では・・・・
①自分の人生なので自分で選ぶ
②自分で選んだことを悔やまない
③妬まない
④後悔しないで反省する。ポジティブに考える
⑤感謝する気持ちを忘れない(ありがとう!を口にするといずれは帰ってくることを知る)
⑥意識的に笑う
⑦「好き』と思う努力をする(苦手だと思う相手でもいやと思わず好き!と思う)
⑧時間は永遠にはない(今の状態がいつまでも続くわけではない)
⑨一人でなんでもやろうとしない(一人ではできないこともたくさんあることを知る)
⑩好きなことだけをする

まだ、たくさんありますが今月の益子祥子先生のホームセミナーでの益子先生からのお話でした。実行できるように書きだしてみました

そして、働いていて時間がない時には家族との会話も減ってしまいますよね。そんな時は、紙に『おかえりなさ~い今日のおやつは、○○だよ~~』とハートマークやこんな可愛いお顔のイラスト、もちろんママのお顔)なんかも書いてみるとお子さんが喜ぶこと間違いありません。私も娘が小さい時は、学校から帰ってきてレッスンして出迎えることができなかったので、テーブルの上におやつとお手紙置いておきました。と~っても喜んでいたのが懐かしいです

普段忙しいお母様たちにもお勧めですので、どうぞ試してみてくださいね

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn