松田昌先生のセミナー

星野ピアノ教室講師 星野真由美

週末に、以前から楽しみにしていた松田昌先生の鍵盤ハーモニカセミナーに行き充実した楽しい時間を過ごしました。

鍵盤ハーモニカは、リコーダーやサックスと同じ管楽器です。
基本的な吹き方を腹式呼吸から、どのようにピアノとフォルテを出したら良いのか。クレッシェンドとデクレッシェンドは、息の強さで変わっていく。
音を変化させるための舌の使い方など…。奥が深いです…。

言葉でわかりやすく説明してくださるのですが、実際に演奏するとなかなか上手くいかず試行錯誤であっという間の2時間でした。ただ音を出すのは、簡単なのですが…・・昌先生は、一日6時間もの練習していた時期があったそうです。

実践編では、バッハの『インベンション』や『アべマリア』
『アンダーザシー』『情熱大陸』などピアノの先生方との演奏は即興でしたが、2つのパートから4つのパートに分かれてのアンサンブルは、貴重な体験でした。ピアノ以外で、他のパートを意識しながらの合わせることは、室内楽以外で体験したことがなかったからです。

ピアニストの安部美穂先生と昌先生のアンサンブルはとても素敵でした。ピアノと鍵盤ハーモニカの柔らかい響きが会場内に響きわたり心地良い空間を味わい、コンサートに行った気分でした。

色々な音を出せる鍵盤ハーモニカ、又意外にもピアノとのアンサンブルでより素敵な魅力ある楽器に変身することを改めて知りました。
そして、子供たちが幼稚園などで、使っている身近な楽器でも充分音楽の素晴らしさを感じることができる楽器だということも。

そのうち、お教室でのアンサンブルに使っていきたいです!

今週末に教材が終わった生徒さんたちです!おめでとう!
皆さんよくがんばりました♡♡
新しい教材をにこにこの笑顔で持って帰りました。

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn