町田のバスティンセミナーに参加して

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

昨日は、町田のバスティンセミナーでした。町田までは自宅から遠いのですが、藤原先生の生徒さんへの熱心な指導の仕方、お考え、語りかけるようなメッソードの内容はとても惹きつけられますし、勉強になります。

今回は、前回より会場に早めに到着したのですが、すでに満席状態でした。途方に暮れ最後部の座席に向かおうとしたところ、前列の方で手を振っている方がいました。『こっち、こっち、席とっといたから、どうぞ座って~』と東京バスティンでご一緒していたY先生でした。Y先生は東京バスティン研究会では1年間受講され先日表彰されていました(1年受講すると修了証が発行されます)。なんと、とっておいてくれたお席は、中央の前から2列目でした。とっても良く見え先生がご自宅で使われている小さなグッズもよ~く見えました

Y先生と私は、講座が始まると一言も言葉を交わすことなく、お互いノートに書きまくって藤原先生のお話に釘付けでした
藤原先生の生徒さんたちの3歳からのレッスン風景のビデオと3年後の成長ぶりのビデオは必見でした。前回も見せていただいたのですが、本当に素晴らしく表現力たっぷりの弾ける子どもに育っているのを見ると感動します。

そして、なぜそのような生徒に育つのか?は、バスティンを上手に使い指導していく部分にあるんだと納得させられました。目的を持った指導、かみくだき、言葉は優しく楽しくしつこく何度もが大切だそうです。自宅に戻ってから学んだことをしっかり整理し復習しないと忘れてしまいそうだったので、今日復習してみました。不思議と以前よりすんなり自分の中に入っていきました。

復習は大事ですね~

Y先生も私も昨日は予定が合ったので、ランチ会は欠席して駅までご一緒して帰りました。帰り道はお互いのピアノレッスンのお話で盛り上がり、ちょっとした情報交換になりました。また来月講座でお会いしましょうとお約束しました。私は何度もお席のお礼を言って感謝しました。
帰り際にまた一人、東京バスティンに出席されている先生に声をかけられました。
両方出られている先生はいないと思っていましたが、私みたいな先生もいるのだなぁ~とちょっと嬉しくなりました。
帰りの電車では、爆睡でしたが、久しぶりに充実した1日でした

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn