発表会後のレッスンで思うこと

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

発表会が終わってからほぼ通常レッスンになりました。
教室にやってくる生徒さんは、心なしか以前と比べるとみんな大きく成長したように見えます。レッスンも受け身だったのが、積極的に自信を持って堂々と弾いています。
これは、小さいお子さんだとなおさら感じます。
ソルフェージュの歌の時などは、声が良くでるようになったり、またわからない事があると質問してくれたりと・・・変化が出てきた生徒さんがとっても多いです。

中には、「来年の発表会は、この曲が弾きたいです!」とはっきりと曲名を教えてくれたりする子もいました。
もう来年の発表会を考えてくれてるのですね・・・嬉しかったです。

まだ、発表会を終えて全員の生徒さんのレッスンはしていません。が、半分の生徒さんをレッスンしての感想です。

来週のレッスンで会う生徒さん達も楽しみです。

そして、週末は『発表会がんばりノート』にメッセージを書き込みます。一人ひとりの発表会に向けての思いが書かれているノートや絵を見ながら、、発表会の最後の締めくくりとしてノートも活用しながら、次につながるようにしたいと思っています。
発表会があったからこそ、一つの曲に長い時間向き合い、どういった練習をすれば上達するのか悩んだり、毎日継続した練習をすることの大変さを学びそれを克服したり、とみなさん大変な思いをしたと思います。
だからこそ、終わって達成感溢れた顔をしてレッスンに来てくれるのでしょう。
大きな経験として、成長してくれたんだなぁ~と嬉しく思います。そして、その子供たちを大きくサポートしてくださったお母様方がいらっしゃたからこそ、みんな無事発表会を終えることができたのでしょう。

次に向け、また、子供たちのレッスンを充実させ、さらに上達させるように頑張らねばと気持ち新たになりました。
発表会の舞台経験は本当に貴重ですそして、お子様が主役になれる思い出に残る素敵な舞台です一人ひとりが輝けるように来年も企画を頑張ります

 

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn