お別れする生徒さん

星野ピアノ教室講師 星野真由美

2月の最終レッスン日、今月で退会する生徒さんの最後のレッスンでした。
昨年の秋に入会されたのですが、転勤が決まってお引越しで、止む無くピアノ教室を変わることになりました。
この時期になると、新しい出会いもあれば悲しいお別れも毎年あります。

まだ、小さい年少さんですが、とても集中力もあり頑張り屋さんでした。1年たたないのに教本もどんどん弾きこなしていき、音楽かるたも50枚しっかりと読めるようになりました。Aちゃんのスゴイ所は、楽しく遊びながら覚えてしまうところでした。

レッスンに来ては、よくお話しをしてくれていました。お教室の中では、一番お話好きだったかもしれません。色々な表情を見せてくれてお話していてとても楽しかったです。『宮里先生!宮里先生!』といつも呼んでくれたのがとても嬉しかったです。ご挨拶も小さな体でしたが大きな声で、とても上手にできていました。

どれみふぁそらしど も CDEFGAB と変換できていました!
お指の体操も毎日欠かさずしていたので、とても良く動くようになりました。

そんなAちゃんが、折り紙で♡を上手に折ってくれました!
なんて器用なのでしょう!

そんなAちゃんのお母様の家でのフォローも素晴らしいものでした。
レッスンでは、小さい赤ちゃんを抱きかかえながらも毎回、レッスンを良く聴きながらメモをとっていたのが、印象的でした。
毎日欠かさずピアノの練習をする習慣を上手につけてくださいました。

お教室のイベントにも楽しく参加していました。イベントに出た後は、お友達からの刺激を受けて、さらにピアノの練習を頑張っていた様子でした。

そんなAちゃんとお別れするのは、とても寂しいですが、きっと転勤先でも元気に楽しくピアノを弾いてくれるに違いないと思います。

そして、いつしか成長したAちゃんのピアノの発表会を見に行くことを楽しみにしています♡

お別れの花束と心のこもったメッセージカードと折り紙の🎁をいただきました。悲しいけれど頂くのには、もったいないくらいの豪華な花束…とても嬉しかったです。お教室がお花の香で包まれました。ありがとうございました♡

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn