ふゆやすみれっすんのーと

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

今年最初のレッスンが一通り終わり、『ふゆやすみれっすんノート』をこのお休み中にじっくりと読ませていただきました。1年の中でも特別に忙しいのが年末年始だというのに、生徒さんたちは頑張って練習してくれた様子でとても嬉しくなりました
小学生以上になると丁寧に練習日記も書いてくれて、時間も書きこんでくれるので、その日その日の様子がとてもわかりやすいです。また、本人も練習時間をたくさんとることによって、以前より指が良く動くようになったり、テンポも上がり滑らかに弾けるようになったりと実感している様子でした。小さいお子さんも弾けると楽しくなるようで、どんどん自分からピアノを弾いてくれるので、とても良いことですね小さいうち(幼稚園くらい)は、とにかくピアノに触れることですね。それも楽しみながら弾けるのが大事ですね
それから、1つの曲を何度も繰り返し練習できるのが理想ですが、・・・・・そこが難しい部分ですね何回もただひたすら小さい子供にやらせるようになってしまったら、嫌になってしまいますから・・・。うまく言葉たくみに、やんわりとやる気にさせてあげるお母様も苦労されているかと思います。私もレビューカードなるものを作り、試してはいるのですが、なかなか全部ハートマークの色をぬってもらえずに半分あきらめて連絡帳の色ぬりにしてしまいましたが、またレビューカード復活させようかと考えています。
でも、今回の休み明けに感じたことですが(あたりまえですが)やはりピアノへの上達は練習量だということです!実感してくれた生徒さんが一人でもいてくれたらレッスンのーとを作って本当によかったな~と思います。どうかな?

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn