バスティン・フォーラム2016全国の集いに参加して

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

今日は、株式会社東音企画の「第4回バスティン・フォーラム全国の集い2016」が浜離宮朝日ホールで開催されたのでお友達のピアノの先生と行ってきました。4年に1度の大イベントなのですが、私は今回初めての参加でした。朝11時から始まり、夜の8時までですがさすがにハードなので夕方までの参加にしました。

毎回沢山のピアノの先生方が全国から集まってくるので満席だそうです。今回ももちろん満席でした。そして企画も盛りだくさんでレクチャーコンサートで小原孝先生のバスティンテキストの指導アドバイスでは、いかに曲のイメージを持って弾くかで音の出し方が変わってくるという言葉がとても印象に残りました。そして、鍵盤ハーモニカ奏者の吉田絵奈先生とのコラボもとても素敵でした。いつも絵奈先生の演奏を聴いていると「私も鍵盤ハーモニカで素敵に演奏してみたい!」と思うほど、本当に素敵です
そして、東日本大震災の復興支援曲の「逢えてよかったね」作詞・作曲 小原孝 もメロディーから歌詞まで心にじ~んとくるものでした。深い傷跡を残した東北の震災は決して私たちは忘れてはいけないのだと改めて歌を歌いながら感じました。

前半の最後は藤原亜津子先生のミニレクチャーでした。要点だけを簡潔に述べていましたが、

  指導することは学ぶこと  
  やろうとすることは伝わっていく やらなければ何も伝わらない

というお言葉は私たちピアノ講師の心に強く響きました。さらに研磨を続けて行かねばと私は、より一層気持ちを奮いたたせながら帰宅しました。沢山の意識の高い先生方とお会いすることは何よりも刺激になります。日々の勉強を頑張る元気ももらえました。充実した一日でした

IMG_0261

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn