ピアノを指導する上での教具

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

導入の小さな生徒さんには、ピアノとテキストだけでは理解しずらいことが、沢山あります。言葉も噛み砕いてなるべく、わかりやすく教えていますが、実際に色々な教具を触ったりしながら、体験させたりしています。
例えば、手の形も指で支えきれずに鍵盤の上でペシャンとつぶれてしまうお子さんが初心者には多いです。お教室で人気のグッズは、お寿司です昨年から使っていますが、フエルトで出来た巻きずし🍣を持ってもらい鍵盤上に置いてみます。ちょうど、ピアノを弾く理想の手の形になるのです。
セミナーで知り合いになった、関西のピアノの先生に作っていただきました
生徒ちゃんたちには、とてもわかりやすいようです。関西の先生に感謝

そして、バスティンのテキストに出てくるABCDEFGを早く覚えてもらいたいので、パソコンでカードを作ってみました。
これも、先日バスティン藤原先生のアイデアからいただいたものです。
鍵盤に文字を入れるのは、パソコンの苦手な私には大変でしたが
まだ、完全には出来上がっていないのですが・・・・・これから・・・・ラミネート加工をして仕上げです
生徒ちゃん達が興味の持てそうな可愛いイラスト入りにしました覚えてくれるといいな~~という願いを込めて作っています。
IMG_1506

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn