ピアノ練習を習慣にしましょう

星野ピアノ教室講師 星野真由美

今年の秋に入会してくれた3歳の生徒さんや年少さんたちは、今ピアノを弾いていくためのお指の準備をしています。

『いつになったら、ピアノを弾けるようになるのかしら?』
『習わせるのが早かったのかしら?』
と保護者様は思われるかもしれません。が大丈夫です!

指番号を覚えたり、お手玉や玉ひもをつかんだりするのがこれからピアノを弾いていく指つくりなのです。まだ小さい手で、つかむのは、大変ですが毎日練習していくとつかむ指も早くなり、握力もついていきます。

そして、『お指のうた』を歌いながら1本づつ動かします。この曲はみんな大好きではりきって歌いながら指と指を合わせてくれます♬
指積み木も上手になってきました。

そしてピアノも小さい手でぐうの形(お指を手の平の中に入れたげんこつの形)で黒鍵から触れていきます。
これは、ぐうの形にすることによって、緊張する肩の力を抜いてもらう練習になるのです。そして、白鍵だけがピアノを弾く場所だという認識もなくすためです。

レッスンでしていることは、一つ一つピアノを弾いていく上で大切なことばかりです。お家では、レッスンでしたことを毎日復習していくと力がついていきます。

まずは、毎日お家でピアノの練習や指体操が、習慣づくと良いですね。
習慣になるとピアノに向かって弾くことが楽しくなっていきます♡

時には、『ピアノの練習したら〇〇〇へ行きましょう』や『ピアノの練習したらホットケーキ又はスイーツを食べましょう』などの楽しい事をお子様に提案しながらモチベーションを上げて練習していくのも良いと思います。

昨日のレッスンで教本を終わった生徒さんです!教本終了おめでとう!
毎日どんな時でも家で、ピアノを必ず練習しています。この間、風邪で熱が出た時も練習していたようです♡
自分の意志で自分から練習しているのは、まさに練習の習慣が身についていますね(^^♪

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn