ベルで音の階段を作ってみました

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

IMG_0245前からどうしても作りたいと思っていたベルの音の階段をやっと完成させることができました。どうしても導入時期の生徒さんの音の高低を教えるときに、実際に見て触れてもらった方がわかりやすいと感じたからです。ピアノ音の高低と同じで鍵盤の右の方にいくと高い音、左にいくと低い音というのは、小さい子にとっては理解が難しいようです。どれみふぁそらしど が順番に言えても、どしらそふぁみれど となかなかすぐには言えません。

さっそく年少さんの生徒さんに、音を鳴らしてもらいながら、ど から順番にどれみふぁそらしどと歌ってもらいました。次に『そから下がって言えるかな?』ちょっと考えてから音を鳴らしながら下がってもらいました。何回か鳴らしてみて自信がついたのか、言われた音から上りも下りも元気よく答えてくれました

レッスンがおわった後に私がお母様とお話をしていたら、ベルの場所に行き、何やら聞いたことのあるメロディーを鳴らしていました。「ドレミの歌」でしたちょっとした演奏をしてくれました楽しんでくれた様子で私も頑張って作った甲斐があったなぁ~と嬉しかったです

せっかく作ったのですから、レッスンの中でどんどん活用していこうと考えています
材料は牛乳パックを切ってつなげました。意外と時間がかかり、テープでつなげたところなどは、ちょっと雑になっているような・・・でも丁寧にやったつもりなんですが・・・でも生徒さんが楽しんで音の高低を学んでくれれば、良いかなと思っています。また、知っている簡単な曲をベルで演奏してくれた生徒さんを見て、こんな風に楽しむこともできるんだなぁ~と私も生徒さんから教わりました

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn