三者面談でのお話

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

今週の三者面談も明日で一通り終りますが、今年初めての実施でしたが、改めて生徒さんと御父兄様と向き合いじっくりとお話が出来ました。普段レッスンに付き添えないご父兄様にはお教室でお子様のピアノを聴いてもらい、またお家で聴くのとは違った印象だったようです。

皆さんお子様の上達を感じてくれた様子でしたが、少々生徒さん達が、いつもと違って力が入ってしまい、固くなっていました。普段間違えないところで、間違えたりしてしまったりと最初はどうなることかと私は内心ヒヤヒヤしていましたが、何回か弾いてるうちにいつもの感じに戻って行ってくれたのには、ホッとしました。

そのあとのお話では、お家での練習の様子などを伺って、時間の使い方や勉強との両立の仕方などのお話をしました。なかなか、皆さん「学校から帰ってきて、いつ弾くか?」ということが、悩みだったようです。お話をしていくうちに、朝に弾くのが効率が良いかも!という意見も上がりました。「そうですね~~これから日が昇る時間もだんだん早くなっていくので、早起きをして学校に行く前に10分でも弾くことから始めてみたらいいんじゃないかしら?」と提案してみました。
意外と朝の時間は、やる事を決めておくと、とりかかりも早く、効率よくたくさんの事ができてしまいます。・・・・・といっても、その為には夜早く寝ないといけないですよね。
でも、毎日実行できたらスゴイ!!!です。
突然、すごく早く起きるのは大変だから、ちょっとずつ15分早く起きよう!とか決めてみて実行してだんだんその時間を20分、30分と早めていけると良いですね。私は子供が小さい時は4時半とか5時起きでした。子供の毎日のお弁当など朝に用意することが多かったからです。でも今は、だいたい6時くらいです。だいぶ楽になりました。でもまた、早めていこうと思います。有言実行できるように頑張らないとですね。

今回の三者面談を通してご父兄様がピアノに対して何か得るものがあったと感じました。それをぜひ今後に生かしてもらい、ご家庭で生徒さんのピアノの練習をあたたかく応援してもらいたいと思います。毎日の練習の積み重ねなので、あせらず長い目でみることも大切です。私もひとりひとりをしっかりと見てレッスンしていきますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。今回はお忙しいなか、ご協力ありがとうございました。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn