単発セミナー~教材・教具の効果的な使い方&クリスマスコンサート・パティーのアイデア~

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

今日は、祥子先生の単発セミナーに行ってきました。
『教材・教具の効果的な使い方&クリスマスコンサート・パーティーのアイデア』というテーマでした。
普段、柏と祥子先生の御自宅でのホームセミナーと両方に参加して学ばせていただいてますが、そちらでも触れていないテーマ・・・・
両方共にとても興味のあるテーマでしたが、先週も多くのセミナーに行き濃い一週間を過ごしていたので(風邪もはやっている現状)自分の体調を考えてからの参加にしようとぎりぎりまで悩んで決めました。

でも、行って良かったです

とっても充実した内容でした

レッスンで生徒さんに何を伝えるのか?

・・・・・という最初のテーマでは、ただ、楽譜通りに弾くこと・・・以外に色々な角度から様々なことを伝えることが出来ることを祥子先生から学びました。又、参加されているピアノの先生方からも実際に現場に立たれている指導から、自分たちが何を意識して指導しているのか?という意見も聞くことができました。
祥子先生のセミナーは、いつでも受け身でなく、各自意見を出しながら、進めていくのでとても活気があります。
参加されている先生方も皆さん、生徒さんを大切に思う気持ちが強いのと指導の引き出しを増やしたいと熱心に思う先生方ばかりです。

先日、美芽先生も祥子先生のお家で教本セミナーをされていたので、教本についても詳しいお話を聞くことが出来ました。私も丁度、美芽先生の教本セミナーに別のところで、参加してましたので、共感できました。実際に手にとって眺める時間を設けてくれたり自分の興味ある本を皆さんに向けて即興レクチャーする時間を取ってくれて勉強になりました。

ピアノの先生は、どうしても教本は一つのものに片寄りがちですが、軸になる教本を一つ持ちその教本では教えられない事を別の教本などで補いながらレッスンを進めていくこと。そのためには、色々な教本についての知識がないといけないという事でした。

そして、逆算して指導していくこと。

両方ともに深い意味があります。

生徒さんそれぞれの性格、進度を良く考えながら、講師が先を見越しながらその子の目標となるべきことを達成できるよう導くことができる指導をすべきだと改めて強い気持ちになりました。
私たちピアノを教える側には、ご父兄様から大切なお子様をまかせていただいている責任がありますから。

ほとんどこの事についてのセミナーで時間が過ぎてしまいましたが、最後にトーンチャイム、ドレミパイプ、カップス、ゲーム、手品と色々、パティーで楽しめる余興を教えていただきました。
トーンチャイムは、前回のホームセミナーで演奏させていただきましたが、本当に音色が綺麗かなり高価なお値段なので、まだまだ手がでません。
でも、いつかは、お教室の生徒さんの為に揃えたいなぁ~と思っています。
そして、カップス・・ついていけるか心配でしたが、祥子先生が特別に指導してくださり何とか出来ました念のために動画を撮らせていただきましたが、・・・・・え~~ん
スマホの容量オーバーで、撮れていませんでした
何とか思い出してやるしかありません・・・・・ユーチュブに出てるので、そちらで頑張りますカップスも生徒さんたちが盛り上がりそうです

そして、ドレミパイプも楽しく遊べそうですね~~

実際に手にとって色々試して音を出してみると大人の私たちでも楽しめるので、きっと子供達は大喜びに違いないと思いました。
クリスマスでは、楽しいアイデア提供できるように、工夫したいです

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn