室内楽のリハーサル見学

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

今日は午前中に室内楽のリハーサル聴講に行ってきました。ピアノの先生とバイオリン、チェロのアンサンブルでした。何人ものピアノの先生方のアンサンブルを聴かせていただき、まじかでの演奏に釘付けになりました。

他の楽器と息を合わせての演奏はとても素敵でした。が、それぞれのパートがうまく絡み合って相手の音を聴きながらの演奏、音のバランスや相手のパートを気遣って弾くことの難しさを感じました。でも、3つの楽器が溶け合うように流れている音楽を聴いていると幸せな気持ちになりました。
自分の奏でる音を大切に良く聴いて弾くことは、アンサンブルの時には特に大切です。

普段から音に対してもっとこだわらなければいけないという姿勢を学んだ1日でした。私もいつかアンサンブルをしてみた~いと思いました。思ったらすぐ実現させよう!!とあれやこれやと考えはじめています・・・・・。
そして、生徒さんたちにも色々な楽器の奏でる音楽を聴かせてあげたいと思うのです。生の演奏って、いいな~~と感じてくれたら嬉しいです。近いうちに実現できるよう、頑張ります(予告?)

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn