手作りワークショップで楽器を作りました

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

今日は以前からとても楽しみにしていた、声楽・ピアノの講師をしていらっしゃるA先生のお宅にお邪魔させてもらい楽器作りを教えていただきました。

今回は、マリンカンマリンサウンドを教えてくださいました。
両方ともに癒し系の水の音を楽しむ楽器です

マリンカンは空き缶2個を使って作りますが、中に入れるお水の量がだいたい決まっています。お水を入れた後にしっかりテープで固定し、仕上げにキラキラなテープでデコレーションをして鍵盤柄のテープを両はしにつけます。
(注 シャカシャカ振ったりはできません。)ゆっくりとさかさまにして音を聴くと水のささやきが聴こえます

マリンサウンドは、ガラスの瓶にBB弾やガラスビーズ、ビー玉、などを入れて作ります。両手で左右をゆっくり揺らすと  しゃらら~~~~  とさわやかな音です。ガラス瓶の中の綺麗なビーズなどがあちこちにゆっくりと舞う姿を見ているのも楽しいです音を再生できないのが残念です(私のパソコンの技術がなくて

春休みにお教室の生徒さんと一緒に作ってみようと計画中です
ブルーのものがマリンカンです。ガラス瓶はマリンサウンドですが、
短い瓶と長い瓶のものがあります。揺らした直後に撮影したものです

IMG_0217 IMG_0206

とても綺麗な音がして、しばし癒されましたまるで、海を思わせるような・・・・素敵な音ですA先生に教えていただけなければ、こんな素敵な楽器を作ることができませんでした。A先生は約10年前に初めて作られて毎年改良に改良を重ね、瓶の中に入れる玉の量や入れる物をお決めになられ、現在の作品になったそうです。瓶も角のあるものの方が中に入っている玉が角にぶつかり良い音が出るそうです。見た目もとても素敵ですあちこちで、講習もされているようで本当に素晴らしい方でした。声楽・ピアノの先生のお仕事もされながら、また楽器ワークショップも経営され、なんて多才な方なんでしょう。お話もピアノのレッスンの事で盛り上がりましたが、気さくな方でどんどん話題が広がり楽しいひと時を過ごさせていただきました。また、新しい出会いに感謝した一日でした。A先生、今日はお忙しいところ本当にありがとうございました

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn