楽譜で、わからない事があったら??

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

朝から冷たい雨が降っています。この時期は本当に、寒暖の差が激しいのでどうぞ体調には気をつけてくださいね。
春休みも終わりそれぞれ進級して新しい環境へと入っています。生徒さんそれぞれがちょっとずつ成長している姿を見ているのがとても楽しいです。

昨日のレッスンでしたが、レッスンノートに早速わからないところを書いてきてくれた小学生の生徒さん
ノートを活用してくれて嬉しいです

ナチュラルがわかりませんでした~~と・・・・・・

ナチュラルの意味『もとの音にもどす』ということは知っていました。
もとの音?????という部分がわからなかったようです。
『もとの音って、シャープやフラットがついていない音ですよ。』
と話すと『な~んだ~~』とすっきりした顔をしていました。

知っている人や大人の人には、簡単に思えるかもしれませんが、子供にとってはまだまだ言葉の意味やなんだろう?と不安に思うことが沢山あるのですね。

そして、音楽記号でもわからないものがたびたびでてきても、わからないからいいやと無頓着にならずに自分で調べたりすることが大切です。
調べ方は、いろいろあります。今はネットがとっても便利ですが、小学生ではまだ使えないかもしれませんね。そんな時は、本で調べましょう。
いろいろな本がありますが、お薦めの本が下の本2冊です。難しいことがらも簡単に書かれていてとても役に立ちます。ピアノを弾かない人でも、音楽鑑賞が趣味の方もどんな所に注意して聴いたら良いのか?などが書かれていてとても楽しく読めます。
IMG_1636そして、楽語では、こちらがお薦めです。是非、本屋さんに行ったらのぞいて見てくださいね
IMG_1637

 

 

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn