発表会に向けて

星野ピアノ教室講師 星野真由美

お教室の発表会では、ソロの演奏のほかに、『お話組曲』や年齢別(学年別)の合奏やファミリー連弾、室内楽なども行います。

『お話組曲』とは、小学生のナレーション1名が舞台上で朗読しながら、12曲をソロ、連弾だけでなく合奏や合唱を30分間の中で披露していくものです。習い始めた生徒さん、舞台初めての生徒さん、昨年参加して今年もお話組曲に出たい!という園児さんたちによる可愛らしいステージです。

『お話組曲』は益子祥子先生のセミナーで学んだものです。参加することで、小さな生徒さんたちは大きく成長します。

〇舞台でピアノを弾くことが、楽しい!と感じる。
〇演奏するだけでなく、小物楽器を使ったり、皆で歌を歌ったりと普段のレッスンではできない音楽体験をする。
〇お話全体を学びながら、自分の役割などを理解していく。
〇お友達と協力してみんなで一緒に頑張ることによって、素晴らしいチームワークが生まれる。
〇皆で作り上げたという達成感も感じる。

後々必ず生徒さんにとってこのような体験が、人として良い成長に繋がっていくことになると信じて大切に指導しています。
昨日も暑い中、保護者様たちのご協力を得ながらのお教室での練習会でした。保護者さまのご協力に感謝しております。

昨日は少しづつ、形になってきて、歌声も元気に聴こえてきました。とても嬉しかったです。

次の日曜日は、ソロの弾き合い会です。連弾の合わせも始まりました。今まで練習してきた成果をお友達の前で披露する機会が増えてきます。

まだまだ暑い日が続きますが、生徒さん、保護者様と一緒に発表会まで頑張っていきたいと思います。

この記事をシェアShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter