発表会終わりました

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

久しぶりのブログです。先週の日曜日、お教室の一大イベントであるピアノ発表会でした。天気は快晴とても暖かくて良い日でした。
某楽器店さんのコンサートホールをお借りしての何十年ぶりかの私個人で主催する発表会でしたので、内心ドキドキでした。実はこちらのホール、私が音大を卒業して数年某大手の音楽教室に入社中に一度、使わせていただきました。ピアノの先生になりたてでまだ20代で初めて一人での主催でした。なので、懐かしい気持ちでいっぱいでした。そして、こちらの楽器店さんとのお付き合いもその時からなので、いかに長いかです。今回もとてもお力になってもらっての開催でした。

発表会では、生徒さん全員ソロの曲は、リハーサル時の演奏以上に上手に弾いていたので、度胸の良さと本番に強い子が多いことを知りました。小さい子も立派にしっかりとおじぎから演奏までしていました。弾き歌いでもお歌をしっかりと歌い弾く姿はとても可愛らしかったです

そして、ファミリー連弾・・・・・会場がとても和やかなムードに包まれたようでした。
普段働いているお父様、お母様が舞台で、いくらか緊張した面持ちで弾く姿はどこか素敵に輝いていました。親子だから、姉妹だから、息の合った演奏も特別に微笑ましく聴いている人たちに心地よく響いたのでしょうね
ぜひ、来年も企画して沢山の御父兄様に参加してもらいたいです。

最後の室内楽の部もピアノだけでなく、弦楽器が入るとホール全体の華やかさを感じました。何回かのリハーサルを重ねての本番でしたから、皆さん生徒さんは自信を持っての演奏でぴたりと息も合い、アイコンタクトもとりながら小さいながらも立派な演奏家になっていました
室内楽を経験すると耳が育つといいます。確かに何人かの生徒さん、ピアノの弾き方が変わりました。自分の音を聴くようになったからです。自分の音を聴くことができるとピアノが上達するといいます。良い経験になったと思います。

終わった翌日に、早速ご丁寧にメールやラインをいただきました。
嬉しい感想を聞けたのが何よりも嬉しかったです。そして、来年のお手伝いを是非やらせて下さいというお声もありました。きっと、お手伝いされている御父兄さまたちの大変さを感じられてのお声だったのでしょう。

本当に今回、有志の御父兄さまたちのご協力に頭が下がりました。
初めての参加の方たちばかりでしたのに、ロビーの飾り付けからお花のお渡し、受付、ドア係(一番大変だったようです)などのお仕事を各自、責任持ってされていらっしゃいました。生徒さんが主役の発表会にふさわしい明るいロビーに変身していたのには驚きました。本当にありがとうございました。

今回発表会を終え、ご父兄さまたちの教室への温かいお気持ちと一生懸命にされていたお手伝いに本当に嬉しく思いました。それと同時にまた、これから新たに次の目標に向かって私も生徒さんたちに指導をしていく元気をいただきました。
上達させることは、もちろんですが、ピアノを通して人間的にも大きく成長してもらいたい、心豊かになってもらいたいという願いも大きいです。

また、明日から通常レッスンに戻ります。そして、午前にはセミナーも連日に入っています。今週はまたハードになりそうですが、(昨日はピティナ支部会合、体験レッスン、通常レッスン)でしたので、実質1日だけゆっくりさせていただきましたから、土曜日までレッスン頑張ります。
発表会終えた生徒さんのお顔を見るのが楽しみですそして、しばらくはいただいたお花の香りで包まれながらのレッスンですとっても幸せです

室内楽の生徒さんの演奏です 彼女は、小学2年生から通ってきてくれて大学生になりました長く続けることは大変ですが、その分こうして大人になっても演奏できることの喜びも大きいです
img_1225 img_1232

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn