新しい看板で気持ちも新たに。小さい生徒さんの練習が楽しくなるように「練習カード」

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

楽器店の営業の方が、家の塀に古い看板から新しい看板に付け替えてくださいました。前につけていたものが、時とともに全く見えなくなってしまったためです。そして「生徒募集中」の看板も一緒につくってもらいました!

今まで以上に気持ちがピリッと引き締まって、生徒さん達が、このお教室で習って良かった!と感じてもらえるように頑張らなければと新たな気持ちになりました。

さて、今一番私が気にかけていることは、生徒さん達の家でのピアノの練習時間のことです。

そんなことを考えていた時に、昨夜たまたまお正月の駅伝に向けてのある大学の練習風景をテレビで見ました。若い彼らが練習するためには、様々な工夫をこらして自分のモチベーションを上げ練習時間を作っているのです。それは、目に見える形にして(毎日の練習日記や走った時間を書き出す。そして仲間とその記録で競い合う。)、自分を奮起させていました。遊びの誘惑が多いし、楽をしたければ、いくらでも楽をできるのに目指す目標に向かって貪欲にやるべき事はやって自分のタイムを伸ばすために日々努力をしている姿はみんな格好良かったです。

それに比べれば、うちの生徒さんたちは、まだまだ小さい子たちばかりです。自ら練習するのが難しいのは仕方のないこと。

でも、お教室に通ってきてくれている子たちは、少なくともピアノが好きでいてくれるわけですから、もっとピアノを好きになってもらい、自分から練習したいと思ってくれるようになればよいのです。

生徒さんのモチベーションを上げ、音楽をもっと好きになって家で自ら練習するようにしていくのが、私の役目。練習は楽しいんだ!!と感じるようにその為に、手作りの≪練習カード≫を渡しました。ちょっとした音楽グッズのご褒美も用意しています。
まだ始めたばかりですが、効果を期待したいです

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn