祥子先生の継続ホームセミナー

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

今日は、益子祥子先生の継続ホームセミナーの日でした。
いつも参加した後は、ピアノの先生としての学びが沢山あり、充実した気持ちで元気になり帰宅します。
約2時間半ですが、祥子先生はピアノの先生方に向かってずっとしゃべりっぱなしで、豊富なボキャブラリーに加え今回は先生の実践カウンセリングレッスンを見させていただきました。あまり、好ましくないレッスンも実践してくださり、う~~んと皆さん(ピアノの先生方全員)頷かれて、同感していました。まさに、私も昔自分の小さい頃にそんなレッスンを受けたなぁ~と苦いレッスンを思いだしました。

生徒さんたち、指導者、保護者の方々の立場になって、ピアノレッスンに対して何を求めているか?ということについての先生方とのディスカッション。
様々な意見が飛び交いました。参加型セミナーなので、全員意見を言っていきます。他人事としてではなく、真剣に考えて思っていること、考えていることを発表していきます。

ピアノの先生の仕事は、ただ、教えこむことだけではなく、自ら自分で考え自分が作りたい音楽に近づくために生徒を育て上げていくなど、(まだまだ他にたくさんありますが)奥が深いことを学んで帰宅しました。
そのためにも、生徒を上手に導いていく先生としての力を磨いていかなければいけないと強く感じました。常に先生も学びですね。

そして、セミナーの最後にピアノの先生の模擬レッスン
今日も新しいレッスン、楽しいレッスンのヒントをたくさんいただきました。

最後に祥子先生に「笑顔のたね」の歌い方のコツを丁寧に教えていただきました。
作詞された先生からじきじきにお話をうかがうことができるなんて、普通はなかなかできません。生徒さんたちに今日教えていただいたことを指導の中におとしていきたいと思います。
祥子先生、今日も多くの学びを有難うございました

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn