計画通りに進まなくても・・・

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

ピアノを習っていると知らず知らず、計画を立てて物事を進める力がつくように思います。思いますではなくて、そうなります。

思いつきの練習では、一つの曲を完成させることはできないからです。曲を完成させるために、毎日の練習が必要ですし、本番を迎えるにあたっての気持ちの準備、計画建てた練習が何よりも本番の成功を導きます。
小学生以上の生徒さんはだいたい計画的に進めている子が多いです。

でも、小さい生徒さん達は、計画通りに進めるのはまだ、難しいかもしれません。毎日のピアノの練習の他に指のトレーニングをしたりしながら、良く動く指、しっかりした指を作っていきます。私のお教室では小さい生徒さんはプレリーディングなどで、沢山の曲を楽しみながら弾いていきます。
でも、生徒さん一人ひとり指の発達は様々です。

中には、指を動かすことが苦手な生徒ちゃんもいます。
そして、指番号が苦手な生徒さん、なかなかメイン教材が進まない生徒さんなど様々です。

私はそんな時あれやこれやと悩みます。

・・・・・・そんな時に出会った教本・・・・1本線からの教本・・・・先日ピアノの先生がオリジナルで作られた教材を送って下さいました。

何人かの生徒さんに試してみましたら、楽しく興味いっぱいのお顔をしてニコニコと弾いてくれました。「なべなべそこぬけ」や「もういいかい」など、知っている曲があったせいかすぐに弾けてしまうところが、また嬉しいのでしょう
一つの教材にこだわらず、とにかく、せっかくピアノを習いに来ているのだから、難しいところにぶつかって、全く練習しなくなってしまうのは~~悲しいです。
ちょっと寄り道しても、ピアノを弾くことだったら良いんじゃないかな・・・と
私も生徒さんがニコニコと楽しそうに弾いてくれると嬉しいです。

計画を立てて進めていても、こうして計画通り行かない時もあります。
でも、ピアノを嫌いにならず楽しく弾き続けていれば大丈夫
必ずメイン教材に戻れます。
決して焦らず、こつこつと小さい生徒さんはお指の運動もしながらピアノを弾いていってもらいたいです。毎日弾いるうちにお指もしっかりしてきます。子供の成長は早いです。周りの人達の温かい励ましで子供たちも勇気づけられます。
一人ひとり進む速さは違います。
ピアノは、楽しみながら長く続けた生徒さんの方が音楽の楽しさを知ることができます。私も一人ひとりのやる気を起こさせるような声掛け、励まし、楽しくできるような工夫をいつも心掛けていきたいです。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn