轟 千尋さん レクチャーコンサート

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

昨日は、作曲家轟千尋先生の今年6月に発売された『星降る町の小さな風景』のMホールでのレクチャーコンサートでした。
轟千尋さんといえば、キラキラピアノシリーズの教本でも有名な作曲家。今年の私のお教室の発表会でも「メリーさんの羊」「クラリネットこわしちゃった」などの曲を弾いてもらいました。なんといっても、編曲がとても工夫されていて、聴いている人を引き付けます。子供たちに聴かせると同じ曲でも千尋さんの編曲を必ずといっていいほど気に入って選んでくれます。
千尋さんの作曲の仕方は、音を操る和音の力を工夫するというところ、多少弾きにくくてもおしゃれな響きを作っています。これは、子供たちに色々な響きを知ってもらいたいから・・・・。
私も千尋さんのファンの一人でした。
だから、この日はとても楽しみにしていました

1曲ずつ、ピアノを弾きながら丁寧に解説 してくださいました。
それぞれの曲の一音一音に込められた思いをどのようにピアノで演奏したら良いのか?ペダルの量はどのように調節したら良いのか?子供たちに伝える時には、どんなイメージで伝えたらいいのか?など噛み砕いた説明の仕方、たとえ話などはとてもわかりやすかったです。

ピアニストの三船さんが演奏したCDも聴いてみましたが、千尋先生の思いのこもった演奏はじーんとくるものがありました。タッチの仕方で音色を変えたり、右手左手ペダルのバランス全てを変えての演奏は繊細でした。
最後に千尋さんの編曲した「チョップスティック」のバリエーションを演奏されました。
惹きつけられました。
癒される曲集です。発表会も終わったので、私も曲集を弾いてみたくなりました。
いくつか新しい曲集も買ってきましたので、週末早速弾いてみようと思います
img_1235 img_1236 img_1248

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn