1週間のレッスンを終えて思うこと~クリスマスの曲のとりかかり~

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

だいたい、1週間のレッスンを終えるとその週の生徒さんのレッスンを振り返ることが私の中では、日課になっています。
この時期のレッスンは、いつもの教本に加えて曲を季節がらクリスマスの曲に変更します。皆さん、お教室にあるクリスマスの曲集をレッスンの後にじっくり眺めたり、曲の雰囲気を知りたい子供には私が途中まで弾いてあげて、各自自由に選んでもらっています。皆さん、いつも学んでいる曲集より、はるかに速いスピードで譜読みをしてきてくれるので、いつも驚かされます。好きな曲だと違うんですね
今年は、連弾曲もあり当日が楽しみです

お教室で開くクリスマス会ですが、小さなお部屋での発表会になります。ただ、お客様は生徒さんのご参加可能なご父兄様方です。人前で弾く機会は、皆さん発表会やピティナ以外あまり経験がないと思います。普段と違う環境で弾くことを経験するのは、特別です。人前で発表するということは、一人ひとりの貴重な体験になります。発表するということは、それなりに準備が必要なわけで、人前ですから上手に弾きたい!と思い練習します。その頑張りが、ピアノ上達にも繋がっていきます。また、お友達の演奏を聴くこともとても勉強になります。どんな姿勢で演奏を聴いたら良いかなども当日指導していく予定です。聴く耳を育てることも大切ですよね。

あと、約1か月です。当日、満足できるような演奏にするためにピアノの練習を頑張りましょう。そして、演奏の後のかるた大会やハンドベルでのお楽しみも用意して待っています!音楽って楽しいなと感じられるように私も準備したいと思います

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn