導入期のレッスンの教材について

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

生徒さんのレッスンのことです

今まで使っていた教材から、私なりに考えて、今日思い切って変更しました。かなり自分なりに悩んでお友達のピアノの先生に相談したり、また丁度セミナーでも導入期のレッスンについてのお話を聞くことで決心できました。お母様には、理由を説明して納得していただき、お家での反復の必要性もお話させていただきました。熱心にレッスンを聴いていただきました。

教材については、調べて長い目で見て良い結果が得られることや、まず落ちこぼれる生徒は出ない、というデーターなどあらゆる理由から良いと判断しました。また、指導法も以前学んだことがありましたが、より進化しつづけている指導法であるが故、私自身も貪欲にまだ学び続ける必要があり新しいこと(いかにわかりやすく、噛み砕いて説明していくかということ)を取り入れようと気持ち新たにしました。常に指導者は勉強し、いつでもこれで良いのかな?相手にわかりやすく伝わっているかな?理解できてるかな?レッスンは楽しく受けられたかな?と自分自身を冷静に振り返らないといけないです。

新しい教材は少し私自身緊張したレッスンでしたが、レッスンを終えて『今日のレッスンとっても楽しかったです』と生徒さんに帰り際に言われた時は、とても嬉しかったです。そして、教材に対しても生徒さんが抵抗なく入っていけたのでホットしました
まだまだ新しい教材でスタートしたばかりですが、脱力の練習やしっかりした指つくりや毎日弾いてくれるよう導いて、楽しみながら基礎力のつくレッスンをすること。そして、いろいろな曲を早く弾けるように育てていきたいと思います。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn