ちょっと、気持ちが温かくなった出来事

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

2か月前のことです。ワンコの散歩をしている途中、ちょっと離れた場所から若い高校生くらいの私服姿の女の子がこちらを見てにこっと微笑んでくれたので、(わんこに向かってかな~)と思いつつ私も軽く会釈をしました。すると、「先生!こんにちは!」と声をかけてくるではありませんか。(え?だれ?わからない…)とお顔を眺めながら、ものすごい勢いで思考をめぐらせていたのですが、間に合わず「わかりませんか?○○です。」と言われてしまいました。(お教室に通ってきていた生徒さんだったなら、思い出すべきところをなんて失礼なことをしてしまったんだろう)とちょっと罪悪感を持ちながら、ハッとして「○○ちゃんね。ずいぶん大人っぽくなってしまって、先生わからなかったよ。」と言葉を返し、今日はお友達とこれから遊ぶ約束をしているとのこと、楽しそうに駅に向かっていきました。
たった数分の出来事でしたが、小学生の頃から通ってきていた生徒さんで当時よく頑張ってピアノの練習をしてくる素直な子、部活動との両立もされて発表会でもちょと難しい曲でも持ち前の頑張りやの性格で立派に演奏されてたお子さんでした。

その生徒さんから先日、メールをいただきました。なんと、大学進学が決まったそうです。おめでとうございますこの時期ですから、推薦なのですね。とても喜んでいました。よく知られている大学で難しい大学です。きっと高校時代、お勉強を一生懸命されたのでしょう。私もとっても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。そして、メールには「ピアノをまたやりたくなったのですが、大学からは無理でしょうか」と書かれていました。無理なことは全くありません。再びピアノを弾きたい!と思うようになった気持ちにまた、私も嬉しくなりました。お教室のクリスマス会に、遊びにきてくださるとのこと。楽しみにしています

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn