一人ひとりに合った指導を実践していく理由とは?

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

早いもので、今日から11月ですね。先月は、セミナーもたくさんあり私も多くのセミナーに通わせてもらいました。どのセミナーもピアノを教えている熱心な先生方たちで、ほとんど満席状態でした。

セミナーは音楽に携わっていて、指導経験豊富で人柄もとても素晴らしく今現在も活躍中の先生方のお話を伺うことができます。皆さんいつも同じことを仰ります。生徒さんの指導におけるお話です。

音楽的な生徒を育てる音楽の3要素

メロディー・リズム・ハーモニー

年齢による指導

園児  一人で練習させず練習の仕方を教える。手の発達は未熟なので、重力奏                     法は困難なので、一歩一歩進める。美しい音、美しい音楽が美しい心を育てる。

 小1・小2 重力奏法を徹底して打鍵のスピードを上げていく。

 小3・小4 しっかりした手になるので指連習を考える。うまくなりたい、美しく弾きたいと強く考えるようになる。曲から優しさ、悲しさ、思いやり、怖さなどを学んでいく。少しづつ一人で練習させて、遠くから見守る。

 小5・小6 できるだけ一人で練習させていろいろな経験をさせて、曲に対する責任を負わせる。普段の生活での体験を曲に反映させていく。さらに、指の練習を積んできたえていく。

学年による主な目的ですが、今を生きる子どもたちの「興味の対象」も時代とともに変わってきているのが現状です。いかにピアノの楽しさを伝えて、上達を実感させ達成感を味わわせ音楽の素晴らしさを伝えていくか…今と昔を比べると難しさを感じます。生徒ひとりひとりの性格も趣味も生活環境も興味の対象も違います。

全ての生徒に同じレッスンの仕方が通用しないのは当然です。あの生徒に効果があったレッスン教材がこの生徒にはあまり興味をひかない、反応しない。

だから、どんな生徒さんが来ても「この子には、このアプローチ、あの子にはこのアイデアと柔軟に対応できる能力とできるだけたくさんの方法が教える側には、必要になります。いかに「レッスンの引き出し」がたくさんあるかが重要になります。そして、今まで教えてきた経験年数も大切です。

また、手作りレッスングッズの大切さ。いかに教材を楽しく取り入れ生徒さんにアプローチしていくか?言葉のかけ方?どんな時に取り入れるか?生徒さんの状況を見ながら、反応を見ながら、考えます!
変化する時代にあった教え方をこれからもセミナーで、取り入れ勉強し、私なりに一人ひとりにあった指導を実践していこうと強く思いました。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn