ぴあのつうしん12月号

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

お教室の「ぴあのつうしん 12月号」を配布しています。
毎月お教室の取り組みや連絡事項、お休みの確認などを書いています。

そして、つうしんと一緒に音楽史のプリントも配布しました。
音楽史とは、音楽の歴史のことです。楽器演奏が盛んになった1600年頃のバッハの活躍した時代をバロック時代といい、1750年頃のモーツァルトの時代を古典期、さらにショパンの活躍した時代1800年代をロマン派の時代、1900年以降のドビュッシー時代を近現代の時代に分けています。

今回は、古典期の特色や代表する有名な音楽家の名前を載せたプリントですが、最後のページは生徒さんに調べ学習をしてもらうスペースを設けました。小学生以上の生徒さんに調べてきてもらうことにしています。前回は、バロックについて調べて書いてきてくれた人が何人かいましたので、お教室に掲示しました!園児さんたちは、バッハの塗り絵を個性あふれる色を使ってそれぞれ仕上げてきてくれました!これも掲示しました。

私も色々な本で調べてみましたが、自分で調べて書いたことは、頭に残っています。前回の時も、バロック時代を調べてきた生徒さんが、ヴィヴァルディの作曲家が教本で出てきたときに、「バロック時代の人だ!」と気づいてくれました。たまに曲の横に作曲家の名前が書いてあります。
作曲家が、どの時代に活躍したかを知っておくとその時代の音楽形式や音楽の深さも知ることができたりします。さらに、作曲家を調べるとその人がどんな時代背景でどんな思いで曲を作ったかを知ることもできます。

ピアノを習っていて音楽の色々な知識が自然に身についてくれたら良いな~と願っています。そして、小さな園児さんたちも、作曲家の名前を知り音楽に親しみを感じてもらえたらと思います。

 

 

 

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

レッスンに集中している生徒さん

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

小さい生徒さんたちが、それぞれ短い時間ですが集中してレッスンを受けれるようになってきました。

家できちんと練習をしているとレッスンでは、集中して弾いてくれます。
家で頑張ったんだ!という自信と私はできるようになったよ!というのを発表する場だからです。

上手に完璧に弾けなくても今は、ピアノを楽しんで弾くことの方が大切です。
沢山褒めてハナマル💮をつけてあげると、大喜びです!次の頑張りにもつながっていきます。ピアノに限らず、まだ書くことがうまくいかなくても、一生懸命努力して鉛筆で書いたドリル…など。

小さい子にとっては、まだ一人で練習していく習慣は難しいので、お家の方の協力も大事です。昨日のMちゃんのレッスンは、おばあ様とお母さまが、付き添ってくださり一緒にお歌を歌いながら皆でお指の体操をしました。Mちゃんのモチベーションも上がります☺

ニコニコの笑顔で、大きな声で楽しく歌えました。皆で一緒にしていてもMちゃんが中心です。お指の体操をした後は『早くピアノやろう!』と元気にピアノの椅子に向かい、小さい体ですが一人で椅子に上り準備です。もう流れはわかってくれていてテキストの宿題のページをすぐに弾いてくれました。ゆっくりと同じテンポで歌に合わせてできました♪
家族に見守られて満面の笑みでした。

結果がすぐに出る時もあれば、長い時間積み重ねて出る場合もあります。できなかったことよりも出来たことを褒める。

そして、家でもあきらめずに練習の声がけをしながら継続していき、決して怒らずに楽しく工夫して練習をしていきましょう。

わかっていてもうまくいかないことってあります。
そんな時は、どうぞ遠慮なくご相談くださいね🌼

 

本日のレッスンでワークが終了した生徒さんです!
書くことが好きなのかな?毎回のレッスンで沢山進んでいました!2巻に入っても頑張ってね(^_-)-☆

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

松田昌先生のセミナー

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

週末に、以前から楽しみにしていた松田昌先生の鍵盤ハーモニカセミナーに行き充実した楽しい時間を過ごしました。

鍵盤ハーモニカは、リコーダーやサックスと同じ管楽器です。
基本的な吹き方を腹式呼吸から、どのようにピアノとフォルテを出したら良いのか。クレッシェンドとデクレッシェンドは、息の強さで変わっていく。
音を変化させるための舌の使い方など…。奥が深いです…。

言葉でわかりやすく説明してくださるのですが、実際に演奏するとなかなか上手くいかず試行錯誤であっという間の2時間でした。ただ音を出すのは、簡単なのですが…・・昌先生は、一日6時間もの練習していた時期があったそうです。

実践編では、バッハの『インベンション』や『アべマリア』
『アンダーザシー』『情熱大陸』などピアノの先生方との演奏は即興でしたが、2つのパートから4つのパートに分かれてのアンサンブルは、貴重な体験でした。ピアノ以外で、他のパートを意識しながらの合わせることは、室内楽以外で体験したことがなかったからです。

ピアニストの安部美穂先生と昌先生のアンサンブルはとても素敵でした。ピアノと鍵盤ハーモニカの柔らかい響きが会場内に響きわたり心地良い空間を味わい、コンサートに行った気分でした。

色々な音を出せる鍵盤ハーモニカ、又意外にもピアノとのアンサンブルでより素敵な魅力ある楽器に変身することを改めて知りました。
そして、子供たちが幼稚園などで、使っている身近な楽器でも充分音楽の素晴らしさを感じることができる楽器だということも。

そのうち、お教室でのアンサンブルに使っていきたいです!

今週末に教材が終わった生徒さんたちです!おめでとう!
皆さんよくがんばりました♡♡
新しい教材をにこにこの笑顔で持って帰りました。

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn