お友達先生の発表会見学へ

星野ピアノ教室講師 星野真由美

今日は(昨日になってしまいましたが、……)セミナーでお知り合いになったピアノの先生の発表会見学に行ってきました。半年前から楽しみにしていました。
こちらの先生、大学で元講師の経験もされていて現在はご自宅でピアノの先生とリトミックの先生をなさっていて大勢の生徒さんを指導されています。

発表会は、本当に素敵な会でした。
ピアノの魅力を生徒さん、先生の演奏でたっぷり味わうことのできた楽しい時間でした。

小さなお子様から大人までの演奏者、それぞれ、自分の曲を丹念に磨きをかけて舞台で演奏する様子は、聴く人を引き付けます。そして、先生のきめ細かな指導のお陰で生徒さんそれぞれが、丁寧に曲の表情に気をつけながら自分なりの表現をしていました。なので、舞台での堂々とした姿は、小さな子でも凜としていて年齢以上に立派にみえました。

また、聴く姿勢も素晴らしかったです。
ドアに人が立っていなくても、皆さん、曲と曲の間で出入りを静かにされていました。小さな子供たちも無駄話は一切せず、人の演奏を聴いていました。

先生が演奏された、第2部のミニコンサートのフルートとのアンサンブルや連弾『動物の謝肉祭』は聴きごたえがありました。
やはりピアノの生演奏は心落ち着き、良いものです。

帰宅してからも今日のピアノ発表会の余韻に浸りながら、色々な事を考えさせられました。後数日で、今年も終わります。来年に向けて、お教室に対しての自分の進んでいきたい思いも又一つはっきりしてきました。

そして、恩師から『もっと生の音楽を聴きにコンサートに行きなさい!』と言われているように、機会を作りコンサートに出かける!という自分の目標も今日の発表会を聴きにいき、来年こそは、実現させたいと強く思いました。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

グレンツェンピアノコンクール埼玉本選

星野ピアノ教室講師 星野真由美

本日、グレンツェンピアノコンクールの埼玉本選が芸術劇場で行われました。
お教室の生徒さんが夏に本選出場資格を得たので、出場するので行ってきました。

夏から今回12月に向けての長丁場でしたが、立派に堂々と演奏をすることが出来ていました。会場で聴く弾きだした最初の音、・・・・・音色が柔らかく、でも芯があって、フレーズの呼吸もしっかりと出来ていました。

コンクールでは、同じ曲を演奏するのをずーっと聴いているので、それぞれの演奏者の特徴が良くわかります。

彼女の演奏で、会場の空気が変わったような気がしました。
とても気持ちの良い素直な演奏が聴けて安心したのと、成長してくれて嬉しかったです。結果はどうあれ、今日まで自分の演奏と向き合いコツコツと毎日ピアノの練習を頑張りました。お教室のホープです!!!

最後まで、居たかったのですが、明日のお教室のクリスマス会の準備で退席しましたが、結果、お母さまがラインで報告してくださいました。

準優秀賞でした!!おめでとうございます!!良かったです!!よく頑張りました!!

お教室では、コンクールを目指す指導をしているわけではないのですが、彼女が毎日コツコツと練習をした努力が実を結んだこと、謙虚な姿勢で指導を受けていること、お家の方のお教室へのご協力、練習のフォローなど、全てにおいてうまくいき今回の結果となったんだと思います。
ピアノは、ご家族の支え、応援もとっても大切ですね。

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ツェルニー30番の勉強会

星野ピアノ教室講師 星野真由美

11月も下旬になってしまい、すっかり朝晩寒くなりました。

月に一度通っていた日曜日のセミナーも先週の日曜日が今年最後となりました。大阪からいらしていた石嶺尚江先生の講座のチェルニー30番指導法

軽快な口調でのお話。自ら演奏しながらのポイントを押さえた指導、テクニックは生徒にどうかみ砕いて説明したら良いか?どんなふうに例えて興味を持つように話したら良いのか?というヒントが満載でした。
ピティナ(ピアノを学ぶ生徒さんのステップアップの為のステージでもちろん一般の方も参加OKで、文科省が後援されている)アドバイザーもされ、生徒さんも好成績でコンペにも出されている経験のお話を伺うことができたのも大変貴重です。常に勉強されている姿勢は見習わなければ!と刺激にもなります。

もっと学びたい!!指導を受けたい!!近くで学ぶことが出来たら~と願っていたら浦和で春にセミナー開催してくださる運びとなりました。表参道や横浜まで通っていた私や埼玉のピアノの先生方にはとても嬉しいお話です。
じっくりと全ての講座を通して学ぶことができたら幸せです。

生徒さんの為にも、指導の引き出しを増やして来年も、より充実した年にできそうです。願って実行して努力すると思いが現実に少しづつ近づきます。生徒さんたちにもそうなってもらいたいです。

 

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn