ピアノの先生という仕事

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

ピアノの先生という職業は、楽な職業と勘違いされます。
たとえば、「お嬢様の仕事だよね」とか「いつも綺麗な格好をして椅子に座ってるから楽」とか「いつも美味しい高さそうなレストランで外食ばかりしている」と思っている方が多いのではないかと思います。
実際、私が年に一度集まる小・中の同窓会ではよく言われます。
その度に、「そんなことないんだよ~~」と言っても、全く信じてもらえないのが現状。

この間の土曜日もピアノ関係で出かけていました。土曜日はレッスンの後お昼も食べる時間がなく、電車に乗りぎりぎり目的地に着き、そのまま夜まで何も食べる時間がなく帰宅して、夕飯もちょこっとお惣菜を買い家にあるもの・・でとか。
翌日もセミナー講習の先生方との集まりでは、コンビニのお弁当(他の先生方も)とか、平日は卵かけごはんで素早く済ますことが多いのです。たまには、外食したい~~と思います。

じゃ、セミナーなんか行かなきゃいいじゃない~~

と思われるかもしれません。確かにセミナーとか通わなくてもピアノの先生という仕事はやっていけます。そしてこの仕事は家の中でやっている方がほとんどです。今まで自分でやってきた勉強だけでセミナーで学ぶことなく生徒さんに指導をされている方もいます。いろいろです。

私も子育てや家のことで忙しかった時はセミナーに行く時間がとれず募集を断念して、生徒さんに当時自分ができる、精一杯の出来る限りの指導をしてきました。

でも、今は当時と状況も変わり幸せなことにセミナーに通う時間と余裕ができました。とても有難いことだと思っています。生徒さんたちを向上させる上でもピアノ教室を運営していく上でもセミナーに通い自分が勉強することは必要だと感じています。
綺麗ごとばかり書いてしまいましたが、ちょっとお勉強が深くなってきて自分自身がもっとしっかりしなきゃ!と感じているので自分に喝をいれるためにもブログに書かせてもらいました。気合いですかね

でも、何よりもお教室に通ってきてくださる生徒さんたちから元気をもらっているので私も頑張らなきゃ!と思えます。そうして日々乗り越えています!有難うございます!
ゴールデンウィークも近いですね。私も少しお休み楽しみにしています
今日もみなさんにとっても素敵な一日になりますように

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn