リオオリンピックの観戦から

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

リオオリンピックが盛り上がっています。昨日の朝はウエイトリフティングの三宅選手をライブで見ながら銅メダルが決まった瞬間思わず涙ぐみ、感動をもらいました。2回も失敗してしまい3回目でウエイトを上げた時は『本当良かった~~』と声を上げてしまいました。そして、最後の場面で2回目で成功した時は思わず涙でした。腰を痛めて4年間苦労してきたという話を聞いていたので、痛み止めの注射を打っているから今回は無理かなぁ~なんて(失礼ながらも)思っていましたが、『絶対メダルを取るんだ』という強い気持ちがウエイトの神様を呼びました
本当に感動させられました

そして夜のダイジェスト版で見た競泳400メートルメドレーもまた素晴らしかった
荻野選手と瀬戸選手の同学年の泳ぎがダントツでした。最初からぐんぐん差をつけて400メートルという長距離を泳ぎきって金メダル、瀬戸選手も銅メダル。インタビューでお互い相手を気遣っている言葉が印象的でした。お互いの存在があったから記録を伸ばすことが出来て、良いライバル関係でお互い良い意味で支え合ってきたんのだなぁ~と感じました。理想のライバル関係ですね。

また、予選の競泳で16歳の池江選手の泳ぎが凄かった
泳ぐたびに日本新記録が出てるようです。16歳で予想通りの泳ぎが出来た!というコメントには驚かされました。
若さってすごいな~~と思い知らされましたこれからの泳ぎに注目したいです

何だか朝からオリンピックのことばかりになってしまいましたが、4年間あたためてきた思いやリオに向けての日々の練習や努力をしてきた選手の試合を見ていると応援も熱くなります。アスリートの全てをかけた瞬間ですものね・・・・・
ライブで見ていると何もできなくなってしまうので、ダイジェスト版で楽しみたいと思います。

さあ、今日から1週間がはじまります。発表会に向けての準備もしっかり進めていきます。今週のレッスンが終わるとお盆休みに入るので頑張ります
カーテンの隙間からギラギラとした日差しが差し込んできますが・・・皆さんも暑さに負けずに今日も素敵な一日にしましょう

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn