室内楽コンサート

星野ピアノ教室講師 星野真由美

日曜日、久しぶりにコンサートを聴きに行きました。

笑夢(M)ホールでのチェロとクラリネットとピアノの室内楽コンサート。

メンデルスゾーン『プレリュードと無言歌』
ミハイルグリンカ『トリオ パセティク』
『日本のうた』よりソーラン節、さくらさくら、ふるさと
だんだん小さく アレキサンダーシュライナー
私のお気に入り
虹のかなたに
いつか王子様が
クラリネットとチェロのための3つの二重奏曲WoO.27よりロンド
クラリネット、チェロとピアノの為の三重奏曲 変ロ長調『街の歌』Op.11

そして、アンコールにアラジンの映画でも知られている『ホールニューワールド』を演奏していただきました。

演奏が始まるや否や音楽が、身体の中に違和感なくふわっと溶け込んできました。CDで聴くのとまったく違う感覚で驚きました!

盛り沢山の曲目の生演奏にずっと心地よい気分でした。会場も物音一つ立てずに皆さんが熱心に聴き入っていて、演奏者の方々も集中して気持ちよく演奏されていました。もちろん、祥子先生の小さな生徒さんたちもきちんと聴いていて本当に偉かったです。

私は、意外にもチェロとクラリネットの音は、似ているなと感じました。
また、奏者が、クラリネットは、フランスとドイツの2種類ありデザインが少し変わると話ていました。どうやら私が、小学生の時に管楽器クラブ在籍中、クラリネットを吹いていた時のものは、フランスのクラリネットだったんだと初めて知り、懐かしくもなりました。

アンサンブルは、相手の音を気遣い息を合わせることが難しいですが、それぞれの楽器の音色がほどよく溶け込み、主張しすぎずそれでいて、自分の音を大切に奏でていることに感動しました。
温かいお人柄も感じられる演奏でした。

音楽で幸せな贅沢な時間を過ごすことができた一日でした。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

EQWELドレミコース勉強会

星野ピアノ教室講師 星野真由美

日曜日は、一日かけてのリトミックの勉強会でした。

今回のテーマはEQWELドレミコースが目指している【EQ力】・・・自分の能力を活かし社会の中で活躍する『活きる力』について

*EQ:Emotional Inteligence Quotient……『非認知能力』や『心の知能指数』とも呼ばれ、認知能力『IQ』の対になる考え方。この力は一般的に自分の感情をうまくコントロールしたり、周りと協調したりといった筆記テストではわからない力と言われている。

午前は、AI時代を生き抜くための子育ては、どのようにしたら良いのか?ということを2020年の教育改革の学力3要素からひも解いていきました。
因みに学力3要素とは、

①知識および技能が習得されるようにすること
②思考力・判断力・表現力を育成すること
③学びに向かう力、人間性を滋養すること

日本の教育も『知識・技能』から『人間としての総合力』を伸ばす時代になってきている➡EQ力

午後は、『赤ちゃん・子どもの脳』についての最近の研究情報を色々な実験からわかったことを紹介してもらいました。
この結果からいかに、小さいころに音楽レッスンを受けたこどもが、大きくなった時に読み書き、言語性記憶、視空間処理、算数、IQなどの音楽以外の能力と相関する能力がはるかに、向上するということがわかりました。

このドレミコースのリトミックのプログラムがこういったことを考えて作られている素晴らしいリトミックだということを改めて認識しました。

もちろん、どのような指導をしたら良いのか?について、沢山のことも学んで帰ってきました。

これからそれぞれのプログラムに意味のあるレッスンを愛情込めて生徒さんたちに伝え、保護者様にも楽しく意味のあるレッスン内容を伝えていこうと思います。

子どもの大切な根っことなる、大切な部分の発達を促すことに関わりを持てることは嬉しいことです!
みんな、それぞれ違う資質を持ち、良いところがあります。
子どものありのままの姿、現状を認めた上で、継続改善を促す言葉がけをしながら、前向きな成長志向にしていくこと!音楽を通しいずれは、自己肯定感を持てる子に育てていく!ということが私の目指すところです。

そして、何事もやり抜く力を持てる、心の強い人間を目指してもらいたい!

EQWELドレミコースは、二子玉川のお教室、大阪のお教室でとても人気です。先日、音楽雑誌でも取り上げられました。まだ埼玉では数少なく認知度が低いですが、他教室とは違う色々な能力を開発できるリトミックです。

🌼ご興味のある方は、是非体験レッスンにいらしてください🌼

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

グループレッスン

星野ピアノ教室講師 星野真由美

本日のグループレッスンは、小学3年生4人が参加してくれました。

前回から続けて参加してくれている4人です。全員学校が違うのですが、仲良しです。続けて参加しているので、楽典やリズムもレベルアップしたプリント学習から始まりました。
もちろん、基本を押さえながら、5線のミニのホワイトボードを使って̠加線の早読みの説明をしたり、音符や楽語を正確に5線に書いたりしました。リズム打ちでは、一人ずつ発表してもらったりと…ちょっと相手を意識しながらのプリント学習でしたが、良い刺激になってくれたようでした。

でも、プリントの後の音楽ゲームでは、ワイワイ楽しくのびのびと会話も聞こえて盛り上がっていました。

ただのゲームではありませんでした。

ちょっと頭を使って、音符の計算ができないと楽しめません!!前回一度やっているので、少し慣れてきた様子でした。出来なかった音符の計算も自然にお互い教え合いながら、確かめ合いながら皆が出来るようになりました。

そして、新しい今回のすごろくゲームも💛自分の駒が止まると歌ったり、音程を読んだり、ピアノを弾いたり、楽語の意味を言ったり、リズムを叩いたりと盛りだくさんの事をこなしていました。

人間楽しくリラックスしていると脳に沢山の事が吸収されるそうです。

ゲームで学んだことの方が、子供たちにとって大きな学びだったのかなと感じました。最後は、頑張ったご褒美にお菓子とミニミニスクイーズを🎁しました!やり残しのプリントは、少しづつ各自のレッスンで復習したいと思います。定期的に参加している3年生、力がついてきていたのが、とても嬉しかったです。

本日のゲームグッズです!昨晩、夜なべをして休符のカードを作ったばかりでした。こちらのゲームは、昨年夏のセミナーで関西のピアノの先生が発案したものと石川県のK先生が発案された『音符すごろく』です!音楽雑誌ムジカノーヴァでもご紹介されています。

可愛いい駒で、生徒さんたちもテンション上がっていました!子供たちが楽しい!と思える一工夫って大切だなぁと感じました。
ご参加してくださり、ありがとうございました!
そして、いつも送迎のご協力をしてくださる保護者様にも感謝しております。

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn