教本を作られた先生の講座へ

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

3連休も終わりました。皆さんお休みを楽しく過ごせたかと思います。
でも台風が、夜中に物凄い勢いで通り過ぎていったのには、驚きましたね。翌朝に、庭に大きな木の枝が落ちていて凄まじさを物語っていたようでした。

そんな連休中、大阪からいらっしゃった釘田先生のセミナーに行ってきました。昨年、東京で釘田先生のセミナーを受けてから先生の作られた教本を使わせてもらっていました。今世の中では、初めて習う導入の本は、様々なものがあります。ひと昔前は、バイエルやメトードローズが主流だったのですが…。

世の中に物があふれているのと同じで、教本もいろいろな種類があります。
指導する人が選び生徒に与えてレッスンの中で使っていくのですが~
指導する側の使い方によって、生徒さんたちにうまく伝わり、身についてさらに生徒さんたちがピアノを好きになり上達していくのだと思います。

釘田先生がどのような思いで教本を作られたか、どんなふうに進めていったら良いのか?いろいろなお話が聞けました。
そして、疑問だったこともちょうど質問してくださったピアノの先生がいらっしゃたので、解決しました。

また、小さい3歳児さんの体験レッスンなども先生の実演を交えてお話してくださり早速来週の体験レッスンで取り入れてみよう!と思いました。
もちろん、お友達先生からの貴重なアドバイスも頂くことができ、私の知らなかったことでしたので、釘田先生、T先生に感謝でした。

導入期のピアノの教材によっては、ピアノを好きで習いにピアノ教室にきたのに嫌いになってしまうこともあります。

でも、釘田先生の教材を使っている生徒さんは、本当によくピアノを弾くようになりました。(以前は違う教材だったので、お教室でちょっとためらいがちに弾いていました)お母さまも『先生!この本に変わってから、家でよくピアノを弾くようになりました‼』とおっしゃってくださいます。
私は、涙がこぼれるくらい嬉しかったです。
音符もよく読んでくれて、リズムもよくたたいてくれて・・・・
何よりも自分から楽しんで歌ったり、弾いたりしてくれるのが一番うれしいです。そして、音符を読んで弾いてくれることも!

釘田先生の教材に出会えて、良かったです。お人柄も素晴らしく、生徒さん思いで優しく謙虚でいらっしゃる素晴らしい先生でした。
学んだことをしっかりと復習をして、また、指導の引き出しを増やしていきます。

ご一緒してくださった先生方ありがとうございました。そして、ジャズピアニストの先生の素敵な演奏も温かい気持ちになりました。ありがとうございました。

 

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

バスティン講座での学び

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

残暑もようやくやわらいできたように感じます。
子供たちの幼稚園・学校の一大イベントの運動会の準備も始まり、ちょっと疲れ気味の様子が見受けられます。
『1年の中で、子供たちが疲れる時期は、4月と9月ですよ~』
と保護者さまによくお話しします。
体力のない小さなお子様などは、この時期に無理をすると体をこわしてしまうので注意しましょう。

昨日は、東京バスティン研究会に行ってきました。
レベル1の教本他3冊の教材についてでした。
藤原先生、二本柳先生、他のバスティン研究会などあちこちに出かけては、勉強させてもらっていますが、行く度に新しい気づきがあります。
また、効果のあった指導法の仕方、こどもがやる気になる言葉かけなどの学びなどです。

ピアノの先生は、家でのお仕事ですが、家の中だけに居ては学べないこともあります。じっくり家で本を読んだりピアノの練習も必要かもしれませんが、外に出かけ他のピアノ教室の先生方と一緒に学んでいくことも必要だと感じます。

なぜなら、私のお教室に来てくださる生徒さんたちに、よりよい指導をしていきたいからです。そして、自主的にピアノを弾くようになってもらいたい、もっともっと音楽を好きになってもらうきっかけになってもらいたいのです。
私はピアノレッスンでセミナーで学んだことを還元していきます。

そして、子供たちには、家での練習を頑張ってもらいたいです。発表会も終わりじっくりと練習をしてもらいところですが・・・・
今は学校行事優先です!無理強いしないで・・・体の様子を見つつ、うまくご家庭でフォローをして少しの時間でも気持ちよく子供たちが練習できるよう促してあげられるよう保護者さまのご協力をいただきたいところです。

今日も笑顔で素敵な一日になりますように。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

久しぶりのブログ更新です!

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

朝晩はだいぶ涼しくなり、秋の気配を感じます

だいぶ日にちが経ってしまいましたが、7月の発表会を振り返ってみました・・・

今回で2回目の出演の生徒さんたちの成長ぶりが素晴らしかったです
もちろん、初舞台の生徒さんたちも堂々とした演奏で素敵でしたよ
それまでの長い日にち、それぞれの生徒さんたちには、ドラマがありました。
うまく弾けなくて途中にくじけそうになった生徒さんも多々、でもそれでもコツコツと毎日練習を重ねて弾けるようになりました。そんな生徒さんたちが、舞台で演奏できたことは自分の自信と達成感を得ることができたに違いありません。この夏大きく成長してくれました

そして、昨年同様引き続き、親子連弾はとても良い雰囲気でした
親子連弾は見ているだけで、じい~~んとくるものがあります。
素敵で幸せで愛がいっぱい感じられます
生徒さんにとっても、ものすごい親孝行ですよ~~(今はよくわからないかもしれませんが、いつの日か気づいてくれることを願ってます

最後になりましたが、昨年以上にご父兄さまたちのご協力をいただけたことにとても感謝でした。朝早くからフロアーの飾りつけは、とても素晴らしく短い時間で手際よく仕上げていただきました。又、ビデオ担当の方・受付・ドア係の保護者さま、お花係、舞台裏をお手伝いしてくれた生徒さん、司会の生徒さん・・・・何から何までありがとうございました!そして、アンケート用紙にもぎっしりと書いてくださった感想・・・次回の発表会の参考にさせていただきますね

今日も一日、全てのことに感謝をして過ごしていきたいです
皆さんもどうぞ素敵な一日をお過ごしください

 

 

 

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn