導入時期の教材

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

4月に入り新しく進級した生徒さんたちは、それぞれが少し身長も伸びてひとまわり大きくなっています。子供の成長は早いと感じます。

お教室も新しい生徒さんたちが、増えて賑やかです。
他教室から移ってきた生徒さんもいます。でも、学年は様々ですが、導入の生徒さんが一番多いです。

導入の生徒さんにお勧めしているのが、『バスティンパーティーシリーズ』です。黒鍵を弾くことから始めます。そして、5線のない音符を読み音の高低を含め、隣あった音符、一つとびの音符を目で追いながら弾いていきます。
そして、良く動く指を目標にしていきます。
プレリーディングでは、移調の練習でほとんどの生徒さんが12調に移調して弾けるようになります。

ピアノを習ったからと言ってすぐに弾けるようになるとは限りません。
毎日の家での継続的な練習が大切です。それも長い期間続けていかないと思うように弾けるようにはなりません。

こんな風に書いてしまうとピアノって大変だなぁ~と思うかもしれません。でも、自分で苦労して努力してできるようになると嬉しいものです。1曲を丹念にこつこつと練習をして合格のハナマルをもらったときですね。また、褒められた時。

お教室の保護者さまは、お子様をいつもご家庭で応援してくれて温かく見守ってくれています。お子様には、色々な時期があります。結果がすぐに出なくても諦めずにまずは、続けてみてください。

1年2年はもちろん、10年続けていってピアノを楽しめる人生になることを信じて習ってもらいたいです。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ピアノにつながるソルフェージュ

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

ピアノの楽譜を見て我が子が弾けるようになってもらいたい…とピアノを習わせているご家庭での願いは皆同じです。音符が読めるようになって学校の音楽の授業についていけるようにという希望も多いです。

でも音符が読めるようになってもリズムがわからないと正しいメロディーを奏でられません。メロディーがわかっても同じ拍感を持っていないと正しいメロディーにはなりません。

色々な要素が集まって一つの曲を正しく演奏することができます。言葉にしてこうして書いてみると何だかピアノを弾く(曲を演奏する)って大変なことだなぁと感じますね。

小さいお子様にとって、これらを全て一度に身に着けるには時間がかかります。限られたレッスンの時間内で何度もリズムうちをしたり、声を出して歌ったり拍を刻んだりするなどのソルフェージュをしながら体得していきます。

先生と1対1でのレッスンも大切ですが、時にはお友達同士でピアノで弾くメロディーに合わせてピアノ以外の楽器を使ってリズムをとりながら皆で合奏していくことは新鮮で楽しいです。

何よりも自分以外の音にも耳を傾けなければいけないこと。
そのうえで、自分のパートをしっかりと楽器を使ってリズムうちをしなくては、皆とは合わなくなってしまいます。自分だけ勝手に奏するのではなく、相手のことも考えながら合わせていくことで1つの曲が出来上がります。

こういったことは、耳を使い、手を使い、目を使って脳も沢山使います。そして相手を思いやる気持ちも大事です。しかも楽しく出来たらきっと体にスムーズに入ります。
人間楽しいことは、覚えるのも速いと言われています。

週末のグループレッスンでは、各自アンサンブルでそういった目に見えないことを学んで体験してくれたら良いなぁと思っています。初参加の人も何人かいます。皆と一緒に仲良く参加できることだけでも立派ですね。お友達の前で1曲各自ピアノを弾きます。プチ発表会です!場慣れも次につながります。

音楽を通して楽しく子供たちの色々な力を育てていくことを目標にします。

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

三者面談を終えて

星野ピアノ教室講師 宮里真由美

三者面談期間が終わりました。

保護者様との普段の関りは、発表会、保護者会や送迎でいらっしゃる時のレッスンの合間にちょこっとご挨拶を交わす程度です。(園児さんの保護者様は別として)そして、主な連絡事項は、月々発行している『ぴあのつうしん』とSNSのラインやメールになります。

子供の成長はあっという間で、世の中も急速に変化しています。
人の気持ちも入会したての時とは、教室への希望も微妙に変わってくるのではないかと思います。
保護者さまとピアノ講師とのコミュニケ-ションをスムーズにすることによって、お互いの不安を取り除き更に、お子様の今の現状を良く知ったうえでの指導…は、ピアノ上達に効果があります。

面談での主な内容は、生徒さんがこの1年間でピアノのレッスンを通してできるようになったこと。
家での効果のある練習の仕方。
今現在使っている教本の見直し。
などをそれぞれの生徒さんの保護者様と面と向かって、お話ししてお互いに確認し合いました

生徒さんの保護者様とのお話がスムーズにいっているご家庭では、毎週のレッスンの内容も充実してきます。そして、進度も速いです。
そして話の行き違い、思い違いもなくなり、お互いに気持ちよくレッスンが運びます。

面談では、お子様のピアノに真剣に関わってくださっていることがひしひしと伝わってきます。
そして、応援してくださっている熱い思いも感じることができました。
お話を伺っていると何よりも、この生徒さんには、このやり方がよいのかな?など不思議とアイデアも沢山沸いてきます。私にとってもレッスンがしやすくなります。

1年に1度の三者面談ですが、とても大きな意味があるものだと感じています。 今回も保護者様のご協力を得られて本当に感謝です。これからもご家庭の目標に近づく指導を目指していきます。お忙しい中、ありがとうございました。

 

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn