1週間のレッスンを終えて思うこと~クリスマスの曲のとりかかり~

星野ピアノ教室講師 星野真由美

だいたい、1週間のレッスンを終えるとその週の生徒さんのレッスンを振り返ることが私の中では、日課になっています。
この時期のレッスンは、いつもの教本に加えて曲を季節がらクリスマスの曲に変更します。皆さん、お教室にあるクリスマスの曲集をレッスンの後にじっくり眺めたり、曲の雰囲気を知りたい子供には私が途中まで弾いてあげて、各自自由に選んでもらっています。皆さん、いつも学んでいる曲集より、はるかに速いスピードで譜読みをしてきてくれるので、いつも驚かされます。好きな曲だと違うんですね
今年は、連弾曲もあり当日が楽しみです

お教室で開くクリスマス会ですが、小さなお部屋での発表会になります。ただ、お客様は生徒さんのご参加可能なご父兄様方です。人前で弾く機会は、皆さん発表会やピティナ以外あまり経験がないと思います。普段と違う環境で弾くことを経験するのは、特別です。人前で発表するということは、一人ひとりの貴重な体験になります。発表するということは、それなりに準備が必要なわけで、人前ですから上手に弾きたい!と思い練習します。その頑張りが、ピアノ上達にも繋がっていきます。また、お友達の演奏を聴くこともとても勉強になります。どんな姿勢で演奏を聴いたら良いかなども当日指導していく予定です。聴く耳を育てることも大切ですよね。

あと、約1か月です。当日、満足できるような演奏にするためにピアノの練習を頑張りましょう。そして、演奏の後のかるた大会やハンドベルでのお楽しみも用意して待っています!音楽って楽しいなと感じられるように私も準備したいと思います

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

脳科学観点からピアノ演奏は驚くほど脳によいのです

星野ピアノ教室講師 星野真由美

今年の4月からピティナのホームページで連載されている、澤口俊之先生の「今こそ音楽を!」から抜粋させて皆さんにお知らせしたいと思います。

ピアノを演奏すると脳を発達させるということは問題解決能力、社会性、創造性など人生の成功に関する全ての基礎となる能力が伸びるということです。たとえば、学習塾、英会話、習字、スポーツ系など、ほとんどの習い事においては、ほぼ変わりません。
また、ピアノは夢を持つことにも寄与します。ピアノ稽古は夢への努力にも最もプラスに作用。夢を持って努力することはとても大事です。幼少期に夢を持っていると、大人になってから社会的に成功している人が多い。というデータもありますが、アメリカの研究では、大学生の頃に夢を持つとのちに年収が高くなるというデータもあります。

おそらく、ピアノは両手で微妙に違う指の動きができることと、譜面を先読みして覚えて後追いしながら弾くこと主な理由だと考えられます。片手で弾く鍵盤ハーモニカには同じような効果はなく、両手の動きが全く違うバイオリンにはまだ明確な証拠がありません。また、幼少期にクラッシックを聴いて頭が良くなるというデータはほぼありません。モーツァルト効果についての論文でも、IQは一時的に数十分あがるが、落ちてしまいます。

一般知能は、音楽を聴くと一時的に上がりますが、ピアノを弾くと恒常的に上がるのです

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ちょっと、気持ちが温かくなった出来事

星野ピアノ教室講師 星野真由美

2か月前のことです。ワンコの散歩をしている途中、ちょっと離れた場所から若い高校生くらいの私服姿の女の子がこちらを見てにこっと微笑んでくれたので、(わんこに向かってかな~)と思いつつ私も軽く会釈をしました。すると、「先生!こんにちは!」と声をかけてくるではありませんか。(え?だれ?わからない…)とお顔を眺めながら、ものすごい勢いで思考をめぐらせていたのですが、間に合わず「わかりませんか?○○です。」と言われてしまいました。(お教室に通ってきていた生徒さんだったなら、思い出すべきところをなんて失礼なことをしてしまったんだろう)とちょっと罪悪感を持ちながら、ハッとして「○○ちゃんね。ずいぶん大人っぽくなってしまって、先生わからなかったよ。」と言葉を返し、今日はお友達とこれから遊ぶ約束をしているとのこと、楽しそうに駅に向かっていきました。
たった数分の出来事でしたが、小学生の頃から通ってきていた生徒さんで当時よく頑張ってピアノの練習をしてくる素直な子、部活動との両立もされて発表会でもちょと難しい曲でも持ち前の頑張りやの性格で立派に演奏されてたお子さんでした。

その生徒さんから先日、メールをいただきました。なんと、大学進学が決まったそうです。おめでとうございますこの時期ですから、推薦なのですね。とても喜んでいました。よく知られている大学で難しい大学です。きっと高校時代、お勉強を一生懸命されたのでしょう。私もとっても嬉しい気持ちでいっぱいになりました。そして、メールには「ピアノをまたやりたくなったのですが、大学からは無理でしょうか」と書かれていました。無理なことは全くありません。再びピアノを弾きたい!と思うようになった気持ちにまた、私も嬉しくなりました。お教室のクリスマス会に、遊びにきてくださるとのこと。楽しみにしています

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn