ピティナセミナー~バッハインヴェンション編~

星野ピアノ教室講師 星野真由美

今日は私にとって、今年最後のピティナセミナーでした。川口のKAWAIショップで、赤松林太郎先生のバッハインヴェンション編でした。赤松先生の講座は3回目になるのですが、いつもピアノを実際に弾きながらの説明なのでわかりやすくお話も笑いを交えながらなので、とても楽しく聴講させてもらっています。

今回もたくさんのバッハの指導法を収穫できました。4声で立体的に考えること。テノールのパートがとても大切。そして、カンタービレの実践がいかに重要か、等。音楽の教本の指針となるようにバッハを生徒に教えていかなければならない理由をいくつも説明してくださいました。

途中、先生がバッハの曲をピアノで奏でられている時、音色が心地よく、何度も眠りに落ちてしまいました
(昨夜遅かったせいもあるかもですが・・・・睡眠4時間・・・・久々にきつかったです)

でも、帰宅してからのレッスンで良いことがありました
生徒さんの練習時間が増えてから約1か月たったのですが、今日指が以前よりしっかりしてきたのとテンポを上げても16分音符が転ばなくなったことです
スゴイです

私もとても嬉しかったです。やっぱり、練習量なのですね。本人は苦痛に感じることなく練習量を増やしている様子が良かったです。がんばりカードを作って良かったです。ちょっとした工夫やアイデアって大切なんですね。

これからもどんどん生徒さん一人ひとりのために、頑張ろうっと私もモチベーション上がりましたありがとうね

 

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

クリスマスツリーの飾り付け

星野ピアノ教室講師 星野真由美

今日から12月ですね。この時期になると、毎日が駆け足で過ぎていく気がします。なんだが忙しくて、外に出ても皆さん忙しい様子。
1年最後の月ですものね。この時期には周りの人への感謝があふれる時期です。1年を振り返って、色々な方への感謝の気持ちを忘れずに忙しさの中でも心穏やかに過ごしたいです。
そして、今年お教室に通ってきてくれた生徒さん、発表会にご協力していただいたご父兄様に感謝をこめて自宅でのミニクリスマス会を楽しく過ごせるようしっかり準備して参りたいと思います

ところで、夜のイルミネーションはとても綺麗でこの時期ならではの楽しいものです。何だか寒くてもホット温かい気持ちにさせられます。

お教室もクリスマスツリーを飾りましたP1000581
P1000583P1000585クリスマス会のプログラムも只今、作成中です
今週中には仕上げて、皆さんにお配りできるようにいたします

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

浦和地区 ピティナピアノステップ第8回目 

星野ピアノ教室講師 星野真由美

今日は、ピティナピアノステップが浦和地区で行われていました。私のお教室からも参加する生徒さんがいたので、見に行ってきました。今回は、109組の出演者数でした。P1000578

会場は浦和市民会館ホールだったので、交通の便も良くて浦和近辺の方は参加しやすかったと思います。天気が良かったので、私も自転車で行くことができました。
ホールで弾く経験は発表会でしか体験できなかった昔に比べると今は、こういった機会を利用してどんどん積極的に参加する人が増えてきたようです。人前で弾くことが苦手な人、舞台で弾く緊張感を味わいたい人にはお勧めですね。やはり、場数を踏むと人前での演奏も慣れてくるものです。(緊張しなくなるということはないですが・・・・緊張の度合いがいくらか違うと思いま

高校生くらいまでの生徒さんは、導入、基礎、応用、発展で受ける方が多いですが、大人の方はグランミューズのフリーで受けるのも良いと思います。
私も過去何回かグランミューズで、弾いてみましたが、初めての場所でリハーサルなしでの舞台はやはり緊張しました。最初の頃は、お腹をこわしてしまったり、食事が喉を通らなかったりとさんざんでした。が、だんだん体も慣れ納得いく自分なりの演奏が少しでもできた時は、とても嬉しかったです。でも、10回舞台に立っても1回か2回あるかないかでした
それほど、難しいのだといつも思い知らされます

今日出演した方たちは、上手に演奏できた人、失敗してしまった人、自分の思いをピアノで伝えられたなら、それで良いと思います参加したという大きな経験は、必ず今後の人生の中で大きな役に立ちます失敗してしまっても、次回頑張れば良いのだし、上手に弾けた人も次回に向けてまた練習の励みになると思います。何があっても、毎日の練習の積み重ねが大切です。あきらめないで、練習することです。そして、ご父兄方の励ましがあってこそ子供たちは、ピアノを続けていくことができるのです。
今日参加されたお子さんには、「良く頑張ったね!」ってたくさん褒めてあげてくださいねお疲れ様でした

この記事をシェア
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn