ピアノを習うこと

星野ピアノ教室講師 星野真由美

先週ピティナからの依頼で、ピアノコースの体験レッスンをしました。

ピティナからの連絡だったので、私は久しぶりに緊張しながらの体験レッスンとなりました。
小学生の高学年の女の子、以前少し習われていたとのことで全くの初心者ではなくて、またピアノを再開したいとのこと。

将来の自分の就きたい職業の為にという理由でした。

楽譜を見る眼差しは真剣でした。指の運びもスムーズで、すぐに簡単な曲が弾けていました。素直なお子様でした。
簡単な曲を連弾して、時折笑顔を見せてくれたのが印象的でした。
そして、ピアノは、毎日コツコツと練習をしていくことが大切!というお話をさせていただきました。

翌日に来週から通われるとのご連絡を直ぐにいただき、将来の職業の為のお手伝いが出来ることを私は嬉しく思い、そして、責任も同時に持ちました。

今回のように目標を持って習いに来るお子様もいますが、勿論ピアノを弾けるようになりたい、ピアノを通して豊かな心を持てる子に・・・・と習う理由は、様々です。

でも、ピアノを習っていると職業の幅が広がります。今お教室に通ってくださっている生徒さんは、ちょっと得をしているのかな・・・・と。

でも、悲しい時、楽しい時、寂しい時、ピアノを弾き音色に耳を傾けると癒されることもあります。音楽ってすごいです。そんな体験ができるのもピアノを習っているだからこそです。

沢山練習してピアノが上手になることも理想かもしれませんが、その子なりに音楽を楽しめることも大事かもしれないです。
練習に行き詰った時は、習い始めの時を今一度思い返してみるのもいいかもしれませんね。

*土曜日のレッスン枠が無くなりました。空きが出ましたらこちらでご報告したいと思います。

この記事をシェアShare on Facebook
Facebook
Tweet about this on Twitter
Twitter